For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:医療用マイクロシステムのプロトタイピング

心調律管理の分野でプロトタイピングを使用すれば、人工ペースメーカーなどの機器における制御方式の最適化、消費電力の削減、信頼性の向上などが可能です。インテリジェントな血流センサを使用すると、心臓を通過する血流の計測と制御の改善やバッテリの長寿命化の実現、さらにリード線の故障を検出することができます。ラピッドコントロールプロトタイピングを使用すると、超小型のモニタリング装置や治療用補助器具、インテリジェントなインプラント装置など、既存の医療用マイクロシステムの機能および性能を向上させることができます。ラピッドコントロールプロトタイピングは、患者に対するテストでの利用にも成功しており、麻酔および覚醒状態下の両方で心拍数を調整および制御することができます。

医療機器の開発とテスト

医療機器の開発では、安全性と信頼性が極めて重要です。新しい機能を開発する場合、最適な設計を行い、広範なテストを実施する必要があります。機能開発では、多くの場合、信号の取得およびプリプロセス処理が不可欠となります。MicroLabBoxを使用すると、フィルタリングや信号解析といった広範かつ計算負荷の高い信号プリプロセス処理を、統合されたFPGAに分散することができます。MicroLabBoxに直接BNCケーブルを接続してアナログ信号を処理すれば、信号に対する外部干渉の影響を最小化でき、高品質な信号を実現することができます。MicroLabBoxは、医療機器の開発中や開発後においてテストシステムとして使用することもできます。MicroLabBoxでは、多数のさまざまな環境条件を、テストアルゴリズムや既存の計測データなどに基づいて再現可能な方法でシミュレートすることが可能です。そのため、生体でのテストと比べて時間とコストを削減しながら、医療機器の完成度を高め、リスクを最小化することができます。