MicroAutoBox II Embedded PC

演算負荷の高い用途向けの強力なPCシステム

MicroAutoBox II Embedded PCは、実車での使用に適した小型の耐衝撃防振PCシステムです。この製品は、スタンドアロンシステムとして、またはリアルタイムシステムであるMicroAutoBox IIの拡張オプションとして使用することができ、WindowsまたはLinuxベースのアプリケーションに対応する追加の処理能力を提供します。これにより、MicroAutoBox II上でデジタルロードマップや演算負荷の高い自動運転機能などを処理することができるようになります。

  • 2019 AVT ACES Award Winner: Autonomy | Simulation & Test

    dSPACE develops Embedded PC for compute-intensive autonomous vehicle prototyping

    Read More

Intel® CoreTM i7-6822EQプロセッサを搭載したEmbedded PC

第6世代のIntel® Core™ i7クアッドコアプロセッサ、16GB RAM、128GBフラッシュメモリを搭載したこのバリアントは、高度な自動運転機能の開発に必要なアプリケーションなど、要件が厳しく演算負荷の高いWindowsおよびLinuxの車載プロトタイピングアプリケーションに対応できるよう、演算能力がさらに向上しています。新しいEmbedded PCバリアントの筐体は、これまで同様に堅牢かつ単一であり、MicroAutoBoxと共に使用できます。さらに、MicroAutoBoxを使用せずにEmbedded PCをスタンドアロンシステムとして使用することもできるようになりました。たとえば、マルチセンサソフトウェア開発環境であるRTMapsの専用プラットフォームとして使用することができます。また、新しいバリアントには、WLAN、CAN、CAN FD、BroadR-Reach Ethernet通信などを提供するdSPACE認定の拡張機能に対応した最大3枚のmPCIeプラグインカードを搭載することもできます。さらに、新しいEmbedded PCバリアントには4つのSATA 3.0外部インターフェースが搭載されており、新たなMicroAutoBox Embedded DSU(データストレージユニット)と組み合わせて使用することにより広帯域幅のデータロギングを実現することができます。

Intel® CoreTM i7-3517UEプロセッサを搭載したEmbedded PC

第3世代のIntel® Core™ i7デュアルコアプロセッサ、8 GB RAM、および128 GBフラッシュ1)メモリを搭載したEmbedded PCバリアントは、先進運転支援システム、インフォテイメント、テレマティックス、画像処理アプリケーションの開発に対応する強力な拡張性をすでに提供しています。このバリアントは単一の堅牢な筐体に収められており、常に標準的なMicroAutoBoxと組み合わせて使用します。統合されたEthernetスイッチを使用すると、ホストPCから同じEthernet接続を介して両方のユニットにアクセスすることができます。各種の起動オプションとシャットダウンオプションが利用でき、たとえば、イグニッションスイッチ(リモート制御)によって同期的に、あるいは相互に完全に独立した形で両ユニットのオン/オフを切り替えることができます。このEmbedded PCバリアントの内蔵mPCIeカードスロットを使用すると、オプションのWLAN通信モジュールを取り付けることができます。

1) 576 GBフラッシュメモリ搭載バージョン(512 GB(内蔵) + 64 GB(CFASTカードによりユーザ交換可能))も利用可能です。

MicroAutoBox Embedded PC Embedded PC with Third-Generation Intel® CoreTM i7-3517UE Processor Embedded PC with Sixth-Generation Intel® CoreTM i7-6822EQ Processor
Processor
  • Intel® Core™ i7-3517UE dual-core processor, 2 x 1.7/2.8 GHz, 4 MB cache
  • Temperature-controlled fan
  • Intel® Core™ i7-6822EQ quad-core processor, 4 x 2.0/2.8 GHz, 8 MB cache
  • Temperature-controlled fan
Memory
  • RAM: 8 GB DDR3 RAM
  • Flash: 128 GB (64 GB integrated plus 64 GB user-exchangeable via CFAST card)
  • Optional: Variant with 576 GB flash memory (512 GB integrated plus 64 GB user-exchangable via CFAST card)
  • RAM: 16 GB DDR4 RAM
  • Flash: 128 GB
  • Optional data storage unit MicroAutoBox Embedded DSU (via 4 x SATA 3.0 interface)
Interfaces
  • 3 x Gigabit Ethernet
  • 2 x USB 3.0
  • 2 x USB 2.0
  • 1 x DVI video interface
  • 1 x PCIe Mini Card slot for optional WLAN module
  • 3 x Gigabit Ethernet, IEEE 802.1 AS compatible
  • 4 x USB 3.0 (up to 5 Gbit/s each)
  • 1 x DisplayPort
  • 3 x PCIe Mini Card slots for optional WLAN, CAN/CAN FD or BroadR-Reach modules (only for Linux)
  • 4 x SATA 3.0, for the connection of Embedded DSU
Operating system
  • Windows® 7 or Linux
  • Windows® 10 or Linux
Operating mode
  • In combination with MicroAutoBox
  • In combination with MicroAutoBox or stand-alone
Enclosure size
  • Varies between 202 x 222 x 105 mm (7.95 x 8.74 x 4.13 in) and 202 x 222 x 151 mm (7.95 x 8.74 x 5.94 in), depending on MicroAutoBox variant
  • Varies between 202 x 222 x 60 mm (7.95 x 8.74 x 2.36 in) and 202 x 222 x 151 mm (7.95 x 8.74 x 5.94 in), depending on operating mode (stand-alone/combined)
Operating (case) temperature
  • 0 ... +60 °C (+32 ... +140 °F)
  • 0 ... +55 °C (+32 ... +131 °F)
Power supply
  • 8 ... 36 V DC input power supply, protected against overvoltage and reverse polarity
  • 8 ... 36 V DC input power supply, protected against overvoltage and reverse polarity
Power consumption
  • Max. 80 W, depending on MicroAutoBox variant
  • Max. 80 W when used as a stand-alone system
  • Max. 130 W when combined with MicroAutoBox II

SOME/IPの処理はすべてMicroAutoBox Embedded PC上で実行され、MicroAutoBox IIに実装されているリアルタイムアプリケーションに直接転送することができます。2つのシステムは内部で接続されており、互いに自動的に同期します。

Automotive Ethernet Embedded PC Bundle1)

Ethernet communication plays an increasingly important role in numerous in-vehicle application fields like advanced driver assistance systems, highly automated driving, or comfort and entertainment systems. The Automotive Ethernet Embedded PC Bundle therefore provides powerful hardware and a complete software package to extend MicroAutoBox II with service-oriented (SOME/IP) Ethernet communication. With the integrated BroadR-Reach (two-wire Ethernet) interfaces, the system can be directly used in the ECU network without any additional media converters. The Ethernet communication can be configured on the basis of AUTOSAR and FIBEX 4 network description files. The bundle consists of the new MicroAutoBox Embedded PC with a sixth-generation Intel Core i7 processor, one PCIe Mini Card with two Ethernet controllers and two BroadR-Reach interfaces as well as the necessary software for Ethernet configuration. It is also possible to add up to four Ethernet controllers with BroadR-Reach interfaces, so that up to six Ethernet channels are available in one compact system. 

 

1)The end of life of the Automotive Ethernet Embedded PC Bundle is planned for August 30, 2023. You can still buy the product up to and including August 30, 2021.

The Automotive Ethernet Embedded PC Bundle was used with a MicroAutoBox II to enable real-time automotive Ethernet communication with SOME-IP​. With the introduction of the MicroAutoBox III, the next generation in-vehicle prototyping system from dSPACE, the real-time automotive Ethernet support including SOME-IP communication is directly integrated in the product. 

  • MicroAutoBox II 製品情報, PDF, 日本語, 3356 KB
お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き