For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIOを使用したリアルタイムECUアクセス

2016年11月10日: HIL(Hardware-in-the-Loop)テストでは、電子制御ユニット(ECU)の内部変数の同期計測および書き換えをする場合、HILシミュレータからテスト対象ユニットにリアルタイムで直接アクセスする必要があります。dSPACE HILシミュレータであるSCALEXIO®では、dSPACE DCI-GSI2シリアルハードウェアまたはECUに既に搭載されているXCP-on-Ethernetインターフェースのいずれかを使用することで、これを実現しています。ECUコードの変数にアクセスするには、ECUコードのアクセスポイントとしてバイパスサービスコールが必要です。これらのサービスコールは、ECUソースコードに手作業で挿入することも、バイナリコードに基づいて自動的に挿入することもできます。自動的な挿入を実現できるよう、dSPACEではECU Interface Managerを提供しています。テストエンジニアは、この強力かつ直感的なツールを使用することにより、ECUに必要な調整をいつでも行うことができます。また、リアルタイムアプリケーションからテスト対象のECUに容易にアクセスすることも可能です。たとえば、温度、圧力または加速度センサなど、直接アクセスすることが不可能なECUセンサの値をシミュレートすることができ、多くの時間やコストがかかる実際のシミュレーションの回数を削減できます。また、このアクセス方法では、テストの実行中にECUソフトウェアの内部状態に把握し、実行中のテストにもすばやく対応することができます。さらに、ECUソフトウェアのサブ機能である分離テストをECUハードウェア上で実行することができます(ホワイトボックステスト)。

製品情報