For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Simulink/TargetLinkバージョン変更の完全自動検証

BTC EmbeddedTester Migration Suiteにより作成されたレポート

October 9, 2015: モデルベース開発のユーザにとって、新しいツールバージョンへの変更は常に新たな課題をもたらします。新しい製品バージョンの導入やITインフラストラクチャの変更によって、既存のモデルや制御ロジックを新しいバージョンのMATLAB®、TargetLink、またはWindows®に移行する必要が生じます。そのようなアップデートを行う場合の重要な点の1つとして、アップデートがモデルや量産コードのシミュレーションの挙動に影響を及ぼさないことを確実にすることがあります。
 
TargetLink戦略パートナーであるBTC Embedded Systems AGは、これに対するソリューションとして、導入が容易で高度に統合され、完全に自動化されたBTC EmbeddedTester Migration Suiteを提供します。このスイートは、TargetLinkコードに基づき自動生成されたテストケースを使用するバックトゥバックテストを提供することで、完全なテストカバレッジを保証します。バックトゥバックテストは、ISO 26262規格の制定以降、モデルベース開発における確立された最先端の手法として、一般的にモデルおよびコードの比較に使用されているばかりでなく、ツール移行時の問題を検証するための理想的なソリューションでもあります。BTC  EmbeddedTester Migration Suiteでは、ユーザはツールのバージョンを指定して、TargetLinkモデルのリストを入力するだけで済みます。この作業が終わると、両方のツールバージョンでのテストケースの生成やテストケースの実行など、他のすべてのステップは完全に自動的に実行されます。
このスイートは最後に、すべてのモデルに関する個々の移行ステップの結果全体を分かりやすく記述した総合的なHTMLレポートを作成します。