Dell Autonomous Drive Ecosystemに不可欠なdSPACEソリューション

OEM各社やTier1メーカーは、将来の自動運転システムやネットワーク化された車両を実現するうえで、さまざまな課題を克服する必要があります。たとえば、膨大な量の生成データを処理しなければなりません。また、データロギングやデータリプレイ、さらにはオープンおよびクローズドループでのテストなど、多様なタスクに対処するには適切なパートナーが必要です。Dell社では、これらに対応するため、Dell Autonomous Drive Ecosystemを実現しました。このエコシステムは、オープンな開発システムであり、各種プロバイダの広範なソリューションで構成されています。つまり、このエコシステムには強力なインフラストラクチャ、詳細なノウハウ、幅広いサービス、およびADAS/ADソリューションの開発に最適なソフトウェアが統合されています。dSPACEのソリューションは、その多くのサブタスクにおいて不可欠な要素です。

たとえば、RTMapsソフトウェア(Real-Time Multisensor Applications)は、マルチセンサアプリケーションの開発や妥当性確認に使用されています。このツールは、データの取得、タイムスタンプ処理、同期、および再生において中心的な役割を果たします。これをデータ再生およびHILリアルタイムシステム向けのモジュール型ハードウェアであるdSPACE SCALEXIOと組み合わせれば、記録データをテストモードで再生したり、テスト対象デバイスを現実的かつリアルタイムにシミュレートしたりすることができます。dSPACE SCALEXIOは、特にクローズドループHILシミュレーションに最適なツールです。高性能プロセッサテクノロジを搭載したSCALEXIOであれば、リアルタイム性や高速なI/O処理、総合的なバスおよびネットワークインターフェースの使用といったさまざまな厳しい要件が課されるアプリケーションでも実装することが可能です。また、CAN、LIN、FlexRay、および車載Ethernetネットワークの高度なレストバスシミュレーションにも対応しています。

dSPACE AUTERAハードウェアは、LiDAR、レーダー、カメラセンサの生データや車載バスおよびネットワークデータなどの広帯域データの読み取りに最適なシステムです。dSPACE AUTERAでは、小型で堅牢なソリッドステートドライブ(SSD)に50 Gbit/sの速度でデータを連続的にストリーミングすることが可能です。SSDの交換は記録の実行中でも行えます。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き