RTI Bypass Blockset

既存のECUソフトウェアの煩雑なテストとRCPのためのECUインターフェース接続

RTI Bypass Blocksetは、PHSベースのシステムまたはMicroAutoBox IIを使用してSimulinkモデルを実装するための便利なブロックセットベースの方法であり、準備されたECUアプリケーションとのインターフェース接続を提供します。これにより、ECU変数や対応する実行の同期を読み書きするためのECUサービスへのアクセスを設定できます。オプションのOn-Target Moduleを使用すれば、Simulinkモデル機能をターゲットECU上で直接実行したり、量産コード生成ツールTargetLinkを使用したりすることも可能です。

その他の情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き