ECU Interface Base Package

外部バイパス処理とオンターゲットバイパス処理

ECU Interface Base Packageを使用すると、RCP、HIL、およびフィールドテストの際に量産ECUへリアルタイムでアクセスすることができます。

適用分野

ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)、HIL(Hardware-in-the-Loop)、FIL(Function-in-the-Loop)、VIL(Vehicle-in-the-Loop)、および電子制御ユニット(ECU)のフィールドテストでは、リアルタイムでのECUへのアクセスが極めて重要です。リアルタイムでのアクセスを保証するには、既存のECUコードに追加機能をマッピングできるようにしておく必要があります。これらの機能は、外部のリアルタイムハードウェアを使用して実行することも、元のECU(オンターゲット)上で直接実行することもできます。新しいECUソフトウェア機能を開発する場合、既存のECUハードウェアとソフトウェアを使用して段階的に開発を行うのが一般的です。ECUインターフェース用のdSPACEツールチェーンでは、外部またはオンターゲットバイパス処理手法を使用して、既存のECUに新しい機能をマッピングすることができます。HILシステムで量産ECUをテストする場合、ECUの内部状態を同期的に取得して、実行中のリアルタイムテストの一部とすることができます。さらに、非常に複雑なセンサや利用またはアクセスできないセンサをシミュレートすることも可能です。リアルタイムハードウェア上で実行するプラントまたは環境シミュレーションをECUに直接接続することにより、完全なI/O接続を行わなくても、部分的または完全なECUソフトウェアテスト(ラボではFIL、車両ではVIL)が可能です。フィールドテストの際は、ECUの機能は実際の環境でテストされます。ECUソフトウェアでエラーが検出された場合(たとえば、内部変数の値が正しくないなど)、オンターゲットバイパス処理を使用して迅速に修正することができます。その後、テストドライブを続行できます。dSPACEでは、これらのすべてのシナリオに対応するため、ECU Interface Base Packageベースの包括的なECUインターフェースソフトウェアツールチェーンを提供しています。

主な利用効果

dSPACE ECUインターフェースソフトウェアにより、元の実装の詳細についての知識がなくても、既存のECUにインターフェース接続することができます。このソフトウェアでは、ECUインターフェース接続のためのECUソフトウェアの準備と、新機能および外部バイパス処理とターゲットバイパス処理の実装が区別されています。ECU Interface Base Packageには、ソフトウェアの準備に使用するECU Interface Managerや機能実装のためのRTI Bypass Blocksetが含まれており、外部のdSPACEハードウェアとのECUインターフェース接続がすでに準備されているECUへのアクセスを実現します。オプションのBinary Code Management Moduleを使用すると、ECUインターフェース用にマイクロコントローラのバイナリコードを準備できます。オプションのOn-Target Moduleをターゲットコンパイラとともに使用すると、マイクロコントローラ向けの新しいモデルベースの機能で必要となるアプリケーションをRTI Bypass Blockset上で構築できます。そのため、ハードウェアを追加しなくても、新しいファンクションコードを既存のECUコードとマージしてターゲットECU上で完全に動作させることができます。最適化のために、断片化したメモリ領域を使用したり、未使用の機能を上書きして領域を解放したりすることもできます。このようにして、限られたECUリソースをさらに効率的に使用することができます。さらに効率性を高める場合や、量産を極めて重視する場合には、認定された量産コード生成ツールであるTargetLinkを使用することができます。

モジュール 説明
ECU Interface Base Package
  • ソフトウェアの準備に使用するECU Interface ManagerおよびRTI Bypass Blocksetが含まれています。
  • 以下のdSPACEシステム上で外部ECUとのインターフェース接続がサポートされています。
    • 非SCALEXIOシステム(リアルタイムアプリケーションがRTIおよびRTI Bypass Blocksetを使用して実装されるシステム)
    • SCALEXIOシステム(リアルタイムアプリケーションがConfigurationDeskを使用して実装されるシステム)
  • オンターゲットバイパス処理(RTIおよびRTI Bypass Blocksetを使用して実装されるアプリケーションであり、ターゲットECU上で実行)をサポート
  • バイナリECUコードのインポート、分析および調査
  • ECUインターフェース接続のためのDCI-GSI2および汎用XCPをサポートするdSPACE ECUサービスを提供
Binary Code Management Module(ターゲット固有)
  • ECU Interface Base Package用オプションモジュール
  • 外部およびオンターゲットECUインターフェース接続用にdSPACE ECUサービスをバイナリコードベースで挿入
  • Infineon TriCore(最新のAURIX 2G/TC3xxを含む)、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、およびRenesas V850/RH850で使用可能
On-Target Module(ターゲット固有)
  • ECU Interface Base Packageのオプションモジュール
  • 既存のdSPACE ECUサービスにより、特定のターゲットECU上にSimulinkおよびTargetLinkバイパス機能を実装
  • 追加のHighTecコンパイラが必要(ターゲット固有)
  • Infineon TriCore(最新のAURIX 2G/TC3xxを含む)、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、Renesas V850/RH850、およびARM Cortex R4/R5で使用可能
コンパイラ(ターゲット固有)

マイクロコントローラに応じて、次のCコンパイラのいずれかが必要です。

  • HighTec社製コンパイラ(ターゲット固有):Infineon TriCore(最新のAURIX 2G/TC3xxを含む)、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、およびRenesas V850/RH850で使用
  • GNU Compiler Collection(GCC):ARM Cortex R4/R5で使用

  • ECU Interface Base Package 製品情報, PDF, 英語, 1012 KB
その他の情報 Documentation お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き