For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ECU Interface Base Package

外部バイパス処理とオンターゲットバイパス処理

ECU Interface Base Packageを使用すると、RCP、HIL、およびフィールドテストの際に量産ECUへリアルタイムでアクセスすることができます。

適用分野

ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)、HIL(Hardware-in-the-Loop)、FIL(Function-in-the-Loop)、VIL(Vehicle-in-the-Loop)、および電子制御ユニット(ECU)のフィールドテストでは、リアルタイムでのECUへのアクセスが極めて重要です。リアルタイムでのアクセスを保証するには、既存のECUコードに追加機能をマッピングできるようにしておく必要があります。これらの機能は、外部のリアルタイムハードウェアを使用して実行したり、直接元のECU(オンターゲット)上で実行したりすることができます。新しいECUソフトウェア機能を開発する際は、既存のECUハードウェアやソフトウェアをベースとして段階的な開発を行うのが一般的です。ECUインターフェース接続に対応したdSPACEツールチェーンでは、外部またはオンターゲットバイパス処理の手法を使用することにより、既存のECUに新しい機能をマッピングすることができます。HILシステムで量産ECUをテストする場合は、同時にECU内部の状態を取得して、実行中のリアルタイムテストの一部とすることが可能です。また、非常に複雑なセンサ、未入手のセンサ、またはアクセス不可能なセンサもシミュレートすることができます。ECUソフトウェアのテスト(ラボでのFILや車両でのVIL)は、ECUをリアルタイムハードウェア上で動作するプラントまたは環境シミュレーションに直接接続することによって部分的にも全体的にも実行することができるため、すべてのI/OをECUに接続する必要はありません。フィールドテストの際は、実際の環境でECUの機能をテストします。ECUソフトウェアにエラー(不正な内部変数の値など)が検出された場合には、オンターゲットバイパス処理によってすばやく修正し、その後もテストドライブを続行することができます。dSPACEでは、これらすべてのシナリオをカバーするため、ECU Interface Base Packageをベースとした総合的なECUインターフェースソフトウェアツールチェーンを提供しています。

主な利用効果

dSPACE ECU Interface Softwareを使用すると、元の実装の詳細に関する深い知識がなくても、既存のECUとのインターフェース接続を行うことができます。そのため、ECUインターフェース接続向けのECUソフトウェアの準備と、新しい機能の実装、さらには外部およびオンターゲットバイパス処理を区別することが可能になります。ECU Interface Base Packageでは、外部のdSPACEリアルタイムハードウェアとのECU接続向けとしてすでに用意されたECUにアクセスすることができます。オプションのBinary Code Management Moduleを使用すると、ECUインターフェース接続用の専用マイクロコントローラのバイナリコードを作成することができます。オプションのOn-Target Moduleとターゲットコンパイラを組み合わせて使用すると、専用マイクロコントローラに対応した新しいモデルベースの機能のリアルタイムアプリケーションをRTI Bypass Blocksetで構築することができます。このため、既存のECUコードと新しい機能のコードがマージされ、追加のハードウェアを必要とすることなくこれらのコードを完全にターゲットECU上で動作させることができます。断片化されたメモリ領域を使用したり、ターゲットECU上で使用されない機能を上書きして空きスペースを作るなど、さまざまな最適化を行うこともできます。これにより、限られたECUリソースにおける効率性が向上します。さらに効率性を高める場合や、量産を極めて重視する場合には、認定された量産コード生成ツールであるTargetLinkを使用することができます。

モジュール 説明
ECU Interface Base Package
  • RTI Bypass BlocksetとECU Interface Managerの機能を融合
  • dSPACEリアルタイムシステムの使用により、外部バイパスアプリケーションをサポート
  • RTIまたはConfiguration Deskを使用したSimulink®機能の実装
  • ECUバイナリコードのインポート、解析、および実行
  • DCI-GSI2およびXCPのサポートによるECUインターフェース接続を含むdSPACE ECUサービスの提供
  • 既存のdSPACE ECUサービスの設定(XCPなど)
バイナリコード管理モジュール(ターゲット固有)
  • ECU Interface Base Packageのオプションモジュール
  • バイナリコードを使用したdSPACE ECUサービスの挿入による外部およびオンターゲットECUインターフェース接続
  • Infineon TriCore、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、およびRenesas V850/RH850で利用可能
オンターゲットモジュール(ターゲット固有)
  • ECU Interface Base Packageのオプションモジュール
  • 既存のdSPACE ECUサービスによる特定のターゲットECU上でのSimulinkおよびTargetLinkバイパス機能の実装
  • HighTec社製コンパイラ(ターゲット固有)が追加で必要
  • Infineon TriCore、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、およびRenesas V850/RH850で利用可能
HighTec社製コンパイラ(ターゲット固有)
  • On-Target Moduleに必要なターゲットCコードコンパイラ
  • Infineon TriCore、NXP(Freescale)MPC5xxx、STMicroelectronics SPC5xxx、およびRenesas V850/RH850で利用可能

その他の情報 お問い合わせ