For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

現実的な仮想RDEドライブ

タスク

車両の計測データに基づき、開発の早期段階でRDE(Real Driving Emissions)テストをシミュレート。

技術的課題

開発の早期の段階においても、RDEテストの条件に基づいて車両の排気ガスの挙動に関する知見を得ること。さまざまな環境条件とドライバーの操作の影響の理解。計測データの活用による現実的なビークルダイナミクスシミュレーション。

ソリューション

dSPACE Automotive Simulation Model(ASM)ツールスイートを使用すれば、さまざまな運転シナリオを適用して、地方の道路や高速道路、市街地、および複雑な周辺トラフィックなどのRDEテストを仮想的にシミュレートすることができます。さらに、実車によるテストドライブ中に取得したデータを使用すると、シミュレーションを可能な限り現実に近づけることができます。このため、ASMツールスイートでは地図データや衛星ナビゲーションデータのインポートをサポートしています。これにより、標高、傾斜、車線も考慮した現実的な運転操作のシミュレーションが可能です。エンジンテストベンチでの試験の際にビークルダイナミクスや環境シミュレーションを実行すると、実際の内燃エンジンの排気ガスを現実に即して評価することができます。

その他の情報 成功事例