For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

適用事例

MicroLabBoxの一般的な使用例

  

モーター制御ストラテジの開発


MicroLabBoxは、非同期モーター、ブラシレスDC(BLDC)モーター、および永久磁石同期モーター(PMSM)などの、さまざまなモーターの制御ロジックの開発に最適です。RTI Electric Motor Control Blocksetは、モーター制御向けI/Oインターフェースの便利で総合的な設定オプションを提供します。

ロボット産業でのラピッドコントロールプロトタイピング


MicroLabBoxでは、さまざまなロボット分野での開発に最適な多数のインターフェースが搭載されています。この例では、MicroLabBoxはロボットの位置コントローラの役割を果たし、ロボットのインクリメンタルエンコーダ信号を読み取ってロボットの現在位置を判別します。この後、リアルタイムプロセッサが制御アルゴリズムを計算し、コントローラ出力(位置や速度などのデータ)をロボットに返します。このようにして、さまざまな制御アルゴリズムを非常に短期間で実装し、テストすることができます。

アクティブな騒音除去と振動減衰


ハイファイヘッドホンや携帯電話、乗用車の室内などでアクティブなノイズ除去(ANC)を行うアプリケーションや、摩耗および工業プラントノイズの削減のために振動減衰を行うアプリケーションでは、信号処理の際に大きな課題が生じます。たとえばANCアプリケーションでは、元のノイズが各ノイズ除去スピーカまたはノイズ除去向けに指定された空間内の地点に達する前に、ノイズ制御の計算および生成を行う必要があります。高速なリアルタイムプロセッサと低レイテンシのI/Oアクセスを搭載したMicroLabBoxは、ノイズおよび振動の低減をアクティブに実現する新しいアルゴリズムの開発に最適なツールであり、わずか数マイクロ秒の制御ループを実現することができます。要件がさらに厳しい場合でも、統合されたFPGAにアルゴリズムを常時オフロードすることができます。

医療機器の開発とテスト


医療機器の開発では、安全性と信頼性が極めて重要です。新しい機能を開発する場合、最適な設計を行い、広範なテストを実施する必要があります。機能開発では、多くの場合、信号の取得およびプリプロセス処理が不可欠となります。MicroLabBoxを使用すると、フィルタリングや信号解析といった広範かつ計算負荷の高い信号プリプロセス処理を、統合されたFPGAに分散することができます。MicroLabBoxに直接BNCケーブルを接続してアナログ信号を処理すれば、信号に対する外部エラーの影響を最小化でき、高品質な信号を実現することができます。また、医療機器の開発中や開発後には、MicroLabBoxをテストシステムとして使用することもできます。MicroLabBoxでは、テストアルゴリズムや既存の計測データを使用するなど、再現可能な方法でさまざまな環境条件をシミュレートすることができます。これにより、生体でのテストに比べて医療機器の成熟度を向上させることができるだけでなく、時間の短縮、コストの削減、およびリスクの最小化を実現することができます。