自動運転の安全性向上に向けてdSPACEがForetellix社との協力関係を強化

Foretellix社の製品開発および検証用プラットフォームにdSPACE Automotive Simulation Modelsを組み込み可能な共同ソリューションを構築

パーダーボルン(ドイツ)/テルアビブ(イスラエル)、2021年12月07日:コネクテッドカー、自動運転車両、および電気自動車を開発するためのさまざまなシミュレーションおよび妥当性確認ソリューションを提供する国際的企業であるdSPACEは、自動運転システムの安全性テストのさらなる向上のため、自動運転システムの製品開発、検証、および妥当性確認用プラットフォームのリーティングプロバイダであるForetellix社との協力関係を強化します。

Foretellix社の製品開発、検証、および妥当性確認用プラットフォームであるForetify™に、HILおよびSILアプリケーション向けのdSPACE Automotive Simulation Models(ASM)を組み込んだ共同ソリューションを活用することにより、OEMメーカーやTier1サプライヤは新しい自動運転システムの開発コストを削減しつつ、市場投入期間を短縮できるようになります。

両社の協力により、開発サイクルの早期の段階でバグ、エッジケース、および未知の問題を明らかにし、テストにかかるコストを大幅に削減できる堅牢なテストおよび検証用ソリューションが実現します。Foretellix社のForetify™プラットフォームでは、定量的な手法によって安全性やハイパーオートメーションに対応しており、路上で遭遇する可能性のあるシナリオ向けの膨大な数のテストを作成および統合し、分析することができます。さらに、ASMと、物理ベースの高度なセンサモデルと本物のようなビジュアル表示を備えたAURELIONを組み合わせて使用すると、自動運転システムのあらゆる機能をシミュレートしてテストすることができます。これらのテストは、開発プロセスのすべての段階で再利用可能です。

dSPACEの自動運転およびソフトウェアソリューション担当ディレクターであるHagen Hauptは、「自動運転の課題に取り組むうえで鍵となるのは、パートナーシップとパートナーエコシステムです」とし、「当社のASMとForetellix社の検証および妥当性確認用プラットフォームであるForetify™を統合する作業では、高い技術や柔軟性を備えた専門家たちと仕事ができるため、常に楽しく刺激的です。このパートナーシップは、両社のお客様が自動運転システムの安全目標や妥当性確認のための要件を完全に満たすうえで極めて重要です」と述べています。

Foretellix社の事業開発および営業担当副社長であるRoy Fridman氏は、「当社は、dSPACEのクラス最高の自動運転システム開発向けテストツールをシームレスに統合できるオープンなプラットフォームを有している自負があります」とし、「私たちは業界最高のシミュレーションツールのサポートに情熱を注いでいます。dSPACEとの提携は本当に光栄です。両社の専門家チームは、志を共にしながら、ADASおよび自動運転システムに求められる安全性を確保しながら認証もスムーズに取得できるクラス最高のテクノロジを実現すべく、全力で取り組んでいます」と述べています。

お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き