For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

初めてのRelease 2017-B(以降)の使用

dSPACE Release 2017-B以降、ソフトウェアインストレーションとライセンスは大幅に変更されています。下記の表から、使用事例ごとに手順が説明されたページにアクセスできます。あなたの状況にあった使用事例を見つけて、詳細が記載されたページへのリンクを選択してください。ドングルベースのシングルユーザライセンスとフローティングネットワークライセンスには個別の表があります。下記の表には、ご一読いただくことを推奨する重要な情報が記載されたドキュメントへのリンクがあります。

For specifics regarding SYNECT User Licenses introduced with dSPACE Release 2018-B please refer to this page.

dSPACE Release 2017-B以降(ドングルベースのシングルユーザライセンス)で開始する場合の使用事例

弊社製品を新規にご購入いただいた場合、または新しいCmDongleで使用を開始される場合

現在のドングル 移行用の
ドングル
詳細
-

必要な手順:

  • dSPACE Release 2017-B以降のインストール
  • ライセンスのアクティブ化
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「使用事例1」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC1

Release 2017-A以前に使用されるドングルでの開始

現在のドングル 移行用の
ドングル
詳細

必要な手順:

  • ライセンス情報を移行
  • dSPACE Release 2017-B以降のインストール
  • ライセンスのアクティブ化
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「使用事例2」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC2

必要な手順:

  • ライセンス情報を移行

「使用事例3」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC3

-

必要な手順:

  • ライセンス情報を移行
  • dSPACE Release 2017-B以降のインストール
  • ライセンスのアクティブ化
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「使用事例4」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC4

アクティブ化されたライセンスの保守期間のアップデート(SMS契約)

現在のドングル 移行用の
ドングル
詳細

必要な手順:

  • ライセンスのアップデート

「使用事例5」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC5

Release 2017-B以降に使用されるドングルでの開始

現在のドングル 移行用の
ドングル
詳細

-

必要な手順:

  • 新しいdSPACE Releaseのインストール
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「使用事例6」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-UC6

dSPACE Release 2017-B以降(フローティングネットワークライセンス)で開始する場合の使用事例

新たなお客様、または新しいフローティングネットワークライセンスインストレーションによる使用開始

使用事例番号 ライセンスの概要 手順

FNL 1

<OrderNumber>は
注文書の番号と同じです。

ライセンスサーバで必要な手順:

  • ネットワーク内で1台のPCをdSPACE License Serverとして設定
  • サーバでライセンスをアクティブ化

各ライセンスクライアントで必要な手順:

  • dSPACE License ClientにdSPACE Release 2017-B以降をインストール
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「FNL使用事例1」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-FNL-UC1

フローティングネットワークライセンスの移行

使用事例番号 ライセンスの概要 手順

FNL 2

<xxxxx>はFlexNet PublisherソフトウェアのライセンスIDと同じです。

「FNL使用事例2」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-FNL-UC2

アクティブ化されたライセンスの保守期間のアップデート(SMS契約)

使用事例番号 ライセンスの概要 手順

FNL 3

<130-xxxxx>は、
CmActLicenseコンテナ(dSPACE Activation
Container)のシリアル番号と同じです。

<3-xxxxx>は、
CmDongleのシリアル番号と同じです。

必要な手順:

  • ライセンスのアップデート

「FNL使用事例3」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-FNL-UC3

dSPACE Release 2017-B(以降)からより新しいリリースへのアップデート

使用事例番号 ライセンスの概要 手順

FNL 4

-

各ライセンスクライアントで必要な手順:

  • 新しいdSPACE Releaseのインストール
  • 暗号化されたソフトウェアアーカイブを復号化

「FNL使用事例4」を参照してください: www.dspace.jp/go/NLT-FNL-UC4

関連項目
Tags
Date 2018-12-06
ソフトウェアタイプ 自動車用シミュレーションモデル, 量産コード生成ソフトウェア, 実装ソフトウェア, 試験およびビジュアル表示ソフトウェア, テストオートメーションソフトウェア, データ管理ソフトウェア, システムアーキテクチャソフトウェア, バスインターフェースソフトウェア, ECUインターフェースソフトウェア, シミュレーションソフトウェア
関連トピック 新しいライセンステクノロジ
製品 Automotive Simulation Models(ASM), AutomationDesk, ConfigurationDesk, ControlDesk, dSPACE Installation Manager, Failure Simulation Package, ModelDesk, MotionDesk, Platform API Package, Real-Time Interface(RTI), SYNECT, SystemDesk, TargetLink, VEOS
インフォメーションタイプ 操作手順と例
情報カテゴリー 初めての方へ, インストレーションとライセンス
dSPACE Release 2018-B, 2018-A, 2017-B