For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ADASIS V3 Horizon Reconstructor Blockset

ADASIS v3プロトコルを使用したマップベースの運転支援システムの開発とテスト

ADASIS v3 Horizon Reconstructor(HR)Blocksetは、標準化されたADASISv3プロトコルを介して、エレクトロニックホライズンのデータに容易にアクセスできるようにします。このブロックセットは、dSPACEプロトタイピングシステムとPCベースのシミュレーションプラットフォームVEOSで使用することにより、マップベースのADASアプリケーションおよび自動運転機能の開発をサポートします。

先進運転支援システムインターフェース仕様(ADASIS)フォーラムのコンセプトは、大量のマップ素材から関連データのみを車両に提供できるようサポートすることです。これには最も可能性の高いルート(Most Preferred Path)、車両位置、代替ルート、およびルートプロファイル(例:道路ジオメトリ、最高速度、交差点情報)などが含まれます。まず、道路データプロバイダがマップから関連データを抽出して車両バスに送信します。次にHorizon Reconstructorがそのデータを受け取り、それをアプリケーションで利用できるようにします。自動運転の特別な要件に合わせて作成されたバージョン3(ADASISv3)では、代替車両位置とその発生の可能性を広帯域Ethernetを介してセンチメートル単位の精度で送信できるようになりました。個々のレーンまでを含む、精度の高い詳細なルートジオメトリの送信が可能です。また、道路データプロバイダのマップ管理により、マップセクションの提供や古いデータの自動検出などのデータ管理を自動で行えるようになります。これは、ルートとプロファイル情報に対してそれぞれ個別に行うことができます。

主なメリット

ADASIS v3 Horizon Reconstructor(HR)Blocksetは、標準化されたADASISv3プロトコルを介して、エレクトロニックホライズンのデータに容易にアクセスできるようにします。このブロックセットは、dSPACEプロトタイパーとPCベースのシミュレーションプラットフォームVEOSで、マップベースのADASアプリケーションおよび自動運転機能の開発をサポートします。Elektrobit社製のADASISv3 Reconstructorコードをベースとしています。これにより、独自のHRを実装したり、ADASISプロトコルを習得したりする労力が不要になります。わかりやすいブロック構造により、すばやく簡単に目的のデータにアクセスできます。たとえば、HRの初期化後、パスブロックやプロファイルブロックをモデルに追加するだけで車両パスのプロファイルにアクセスできるようになります。対応するプロファイルデータはSimulinkバス経由で提供されるため、簡単に選択してアプリケーションに接続できます。このブロックセットは、さまざまなパスやパスプロファイル、レーン、交差点モデル、または車両位置にアクセスするための複数のブロックカテゴリを提供します。ADASIS v3 Horizon Reconstructor Blocksetを使用することで、開発者はアプリケーションの開発に専念し、車両ですばやく結果を確認できます。このブロックセットは大量生産に適したHorizon Reconstructorコードをベースとしているため、プロトタイピングからターゲットシステムまでの移行もシンプルに行うことができます。

機能 説明
概要
  • ADASIS v3プロトコルを使用したSimulink®モデルからエレクトロニックホライズンデータへのアクセス
  • 運転支援機能と自動運転機能に接続するための簡単な予測ルートデータ選択
  • 車両位置、パスプロファイル、グローバルデータ専用のブロック
  • EB robinos ADASISv3 Reconstructorの使用により、プロトタイピングからターゲットシステムへの移行を単純化
  • Ethernetを通じたMessagePackシリアライズ形式によるデータ交換/通信

その他の情報