For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ASMエレクトリックコンポーネントトレーニング

概要

ASM Electric Componentsモデルの概要、構造、および使用方法を紹介し、実際にデモモデルを用いたシミュレーションを操作・体験できるトレーニングです。
また、お客様のご要望に応じてDS5202ボードを用いたモータHILモデルの実装方法やハイブリッド車向けデモなどについて説明します。加えて、パラメータ設定を行うModelDeskについても解説します。

受講対象者

  • ASM Electric Componentsの導入を検討されている方
  • ASM Electric Componentsを導入されて間もない初期ユーザの方

受講条件

  • MATLAB®およびSimulink®の基本的な操作が行えること
  • ControlDesk&RTIベーシックトレーニングを受講済み、あるいはdSPACE eラーニングコース「ControlDesk Next Generation & RTI ベーシック」により自己学習済みであること
  • ControlDeskおよびRTIの使用経験があること

コンテンツ

  • ASMの概要と開始方法
  • オフラインおよびリアルタイムシミュレーション
  • ASMのモデリング
  • ASM Electric Components Libraryの概要
  • DS5202ボードを利用したモータHILの実装方法
  • ModelDeskへの対応

期間

  • 1日間(10:00〜17:00)

定員

  • 4名

受講料

  • お問い合わせください

お申し込み方法

  • 弊社営業担当(sales@dspace.jp)までお問い合わせください