自動運転向け最新のデータドリブン開発(特別セミナー)

概要
 

日々複雑化を増していく自動運転/先進安全車両の開発を行ううえで、車両の妥当性の検証は実車のテストでは網羅できなくなっています。その中でシミュレーションを効果的に活用する手段として、dSPACEはデータドリブン開発と妥当性確認のための総合的なソリューションとサービスを提供しています。

本セミナーでは自動運転/先進安全車両の開発に携わっている方向けに、データドリブン開発の流れをベースに開発と検証を効率よく行うための弊社製品群の特徴とお客様適用事例について紹介します。


受講対象者

  • シミュレーションを使用した自動運転/先進安全車両の開発・検証に興味のある方
  • 自動運転/先進安全車両の開発・検証を効率よく、且つ効果的に実施する方法を検討されている方
  • センサECUの開発業務に携わっている方
  • 実車走行時に取得した計測データ(資産)を有効活用することに興味がある方
     

コンテンツ

  • 会社概要の紹介 
  • 自動運転/ADASの概要、市場変化
  • データドリブン開発
  • データロギング & プロトタイピング
  • データエンリッチメント & シナリオ生成 
  • 自動運転ソフトウェア開発向け検証環境
     

セミナー内でご紹介する製品/サービス

  • dSPACE社:ASM tool suite・SensorSim・VEOS・AUTERA・MicroAutoBoxIII・SCALEXIO HIL・シナリオ生成サービス
  • Intempora社:RTMaps・IVS・RTag

  • understand.ai社:データアノテーションサービス・データ匿名化サービス
     

期間

  • 半日間(13:30〜17:00)

 

定員

  • 30名
     

受講料

  • 無料
     

実施形態

  • オンライン
     

お申し込み方法

  • Web申し込みとなりますので、こちらよりお申し込みください
     

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き