For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Concept of Memory Mapping Using TargetLink® 3.4

 This application note shows how variables as well as functions can be properly mapped to the desired memory segments. The memory partitioning of AUTOSAR 4.0.3  is taken as an example.
The application note as well as the enclosed demo is designed for TargetLink 3.4 but should be useful for different TargetLink versions as well.

注意:

この資料は、ID登録をされたお客様がTargetLinkのサポート情報を閲覧する場合のみ使用できます。既にご登録を完了しているお客様は、ご自身のmydSPACE IDとパスワードでログインし、本資料をダウンロードしてください。まだご登録がお済みでない場合は、以下のリンクからご登録ください。 登録 および IDの管理

Tags

Date 2013-11-15
ソフトウェアタイプ 量産コード生成ソフトウェア
関連トピック AUTOSAR
製品 TargetLink
タイプ アプリケーションノート
情報カテゴリー 詳細
dSPACE Release 2017-A, 2016-B, 2016-A, 2015-B, 2015-A, 2014-B, 2014-A, 2013-B, 2013-A, 2013-Aより前