For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ADAS RP Blockset

マップベース運転支援システムの開発

主な利点

HERE社との共同作業によって、dSPACEは、エレクトロニックホライズンに基づいたマップベースの運転支援システムを開発するための統合ツールチェーンを作成しました。HERE社の開発ツールADAS Research Platform(ADAS RP)は、エレクトロニックホライズンを提供するとともに、実行されているdSPACEシステムとの通信をUDP/IPインターフェース経由で提供します。dSPACEのADAS RP Blocksetを使用すると、ユーザは、Simulink®モデルからエレクトロニックホライズンにアクセスできます。マウスを数回クリックするだけで、予測道路データを選択して、モデル内にある実際の運転支援機能に接続できます。

主な利用効果

通常、PC上でのシミュレーションは、早い段階でコンセプトを評価するために使用されます。シミュレーションには制御モデルだけでなく、道路モデルも必要です。dSPACE自動車用シミュレーションモデル(ASM)には、車両の挙動、環境センサ、道路および周辺の交通に関するモデルが含まれています。シミュレーションは実際の道路に基づいており、ADAS RPからエクスポートして、ASMに読み込むことができます。ADAS RP Blocksetは、PCベースのシミュレーション用プラットフォームdSPACE VEOS®をサポートしています。

しかし、シミュレーションだけでは十分ではありません。実車における運転支援機能の実証試験とアルゴリズムの修正が不可欠です。dSPACEのMicroAutoBoxおよびAutoBoxは、理想的な車載開発プラットフォームで、PCシミュレーションで使用した機能モデルと同じモデルを実行できます。ADAS RPと組み合わせることで、MicroAutoBoxとAutoBoxは、マップベースの運転支援システムを開発するための統合ツールチェーンを提供します。

また、ASMモデルとdSPACEのADAS RP Blocksetは、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションでのECUのテストにも使用されます。ADAS RPは、シミュレートされている車両のGPS位置を受け取り、それに対応するエレクトロニックホライズンをCANバス経由でECUにリアルタイムで返します。

その他の情報