MBDにおける仮想検証環境の
有効活用

概要
 

ECUのソフトウェア開発において、複数のアプリケーションが連携してシステムを構成、機能を実現する中で、システム検証は重要性は増すと共に、検証工数が増加する傾向にあります。機能安全も見据えたMIL,SIL環境の整備、自動運転(AD)、ADAS向け開発環境の整備などを含め、ECUソフトウェア開発において開発から検証の工程において、これまで以上にフロントローディング(開発の前倒し)が必要になり、仮想検証の重要性が増してきています。
国内でも急速に導入が進んでいる仮想検証環境、VEOSの活用について紹介します。
 


受講対象者
 

  • MBDの導入を検討しているもしくはすでにMBDを導入しており、
    かつ仮想検証環境(MIL,SIL)に興味のある方
  • 既存のMBD開発環境をお持ちで、さらに仮想検証の有効活用で効率的な
    開発検証環境構築(MIL,SIL)を目指したい方
  • AD/ADAS、電動車両開発においてdSPACEの仮想検証環境に興味がある方
     

コンテンツ
 

  • ソフトウェア開発プロセスと仮想検証
  • 仮想環境シミュレーションプラットフォーム VEOS(特徴、フロントローディングへの活用)
  • ドメインごと(AD/ADAS、電動化)に対応できるプラントモデル (ASM)と仮想検証
  • 大規模仮想検証への発展 : クラウドシミュレーション環境会社概要の紹介

 

セミナー内でご紹介する製品/サービス
 

  • dSPACE:VEOS・SystemDesk・ASM tool suite・SYNECT・AutomationDesk・SIMPHERA
     

期間
 

  • 半日間(13:30〜17:00)

 

定員
 

  •  オンライン 30名
     

受講料
 

  •  無料
     

お申し込み方法
 

  •  Web申し込みとなりますので、こちらよりお申し込みください
     

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き