For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLinkスタートアップトレーニング

概要

MATLAB®/Simulink®/Stateflow®で開発されたロジックから、量産タイプのECUに実装可能なコードを、TargetLinkを用いて生成するための基本的な手順を学習する基礎トレーニングです。

※本トレーニングは、レギュラーコースとオンデマンドコースがあります。

受講対象者

  • ソフトウェア開発者で、これからTargetLinkを使い始める方

受講条件

  • MATLAB/SimulinkおよびStateflowの基本的な操作が行えること
    MATLAB/Simulink/Stateflowの基本操作をご存じない場合は、事前学習をお願いします)
  • 量産タイプのECUに実装するANSI-Cのプログラミングに関する知識、経験があること

コンテンツ

  • TargetLinkの概要
  • ワークフロー
  • コード生成と最適化
  • TargetLink Blockset
  • データロギング
  • スケーリング
  • SIL(Software-in-the-Loop)シミュレーション
  • PIL(Processor-in-the-Loop)シミュレーション
  • TargetLink APIおよびProperty Manager
  • Data Dictionaryの概要
  • 機能分割
  • ドキュメントの生成
  • ECUプロジェクトへのTargetLinkコードの統合
  • ルックアップテーブル(オプション)

期間

  • 1日間(10:00〜17:00)

定員

  • 8名

受講料

  • レギュラーコース: 23,800円(税抜)
  • オンデマンドコース:お問い合わせください

お申し込み方法

  • レギュラーコース:Web申し込みとなりますので、こちらよりお申し込みください
  • オンデマンドコース:弊社営業担当(sales@dspace.jp)までお問い合わせください