RapidProベーシックトレーニング

概要

RapidProの概念、モジュール構成を紹介し、実際にRapidProを使用しながらSimulink®からRapidProのI/Oを操作する方法を体験できるトレーニングです。
また、RapidProには欠かせないConfigurationDeskの使用方法についても解説します。

 

受講対象者

  • これからRapidProを使い始める方

 

受講条件

  • MATLAB®およびSimulinkの基本的な操作が行えること
  • ControlDesk ベーシックトレーニングを受講済み、あるいはdSPACE eラーニングコース「ControlDesk ベーシック」により自己学習済みであること
  • ControlDeskおよびRTIの使用経験があること

 

コンテンツ

  • ハードウェア:
    • シナリオの説明:構成と各シナリオのメリット
    • ユニットの説明:Control, SC, PS Unit
    • モジュールの説明
    • ハーネスの作成方法
    • hwtファイルの生成方法
  • ソフトウェア:
    • ConfigurationDeskの使用方法
    • RapidPro blocksetの使用方法
  • 演習
    • RapidProを使用したアクチュエータなどの駆動

 

期間

  • 1日間(10:00〜17:00)

 

定員

  • 2名

 

受講料

  • お問い合わせください

 

お申し込み方法

  • 弊社営業担当(sales@dspace.jp)までお問い合わせください

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き