ConfigurationDeskトレーニング

概要

SCALEXIOシステムを構築する際に欠かせない、ConfigurationDeskのソフトウェア操作方法を学習できるトレーニングです。
SCALEXIOシステムでは、dSPACE I/Oハードウェアの設定をConfigurationDesk上で実装します。
さらに、ECUや負荷などの外部デバイスをソフトウェア上で定義してドキュメント化することが可能です。実際のハードウェアを使用して、SCALEXIOシステムのコンセプト、各機能の使用方法、I/Oモデルの構築方法などを実践的に学べます。

受講対象者

  • これからSCALEXIOシステムを使用される方

受講条件

  • MATLAB®およびSimulink®の基本的な操作が行えること
  • ControlDesk ベーシックトレーニングを受講済み、あるいはdSPACE eラーニングコース「ControlDesk ベーシック」により自己学習済みであること

コンテンツ

  • SCALEXIOシステムコンセプト
  • SCALEXIOハードウェアの概要
  • HostPCとSCALEXIOシステムの接続
  • ConfigurationDeskシグナルチェーン構築方法
    ・External Deviceの設定
    ・I/O Functionの設定
    ・Model Port Blockの設定
  • リアルタイムアプリケーションの作成・ビルド
  • リアルタイムアプリケーションをControlDeskからコントロール

期間

  • 1日間(10:00〜17:00)

定員

  • 4名

受講料

  • お問い合わせください

お申し込み方法

  • 弊社営業担当(sales@dspace.jp)までお問い合わせください

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き