Classic AUTOSARベーシック
トレーニング

概要
 

Classic AUTOSAR仕様全般(特にアプリケーションソフトウェアおよびランタイム環境を中心)の基本的な知識を学習するトレーニングです。
Classic AUTOSAR仕様書は10,000ページを超えるため、独習による習得を困難にしています。開発現場の技術者が短期間でClassic AUTOSAR仕様を習得しようとするとき、本トレーニングがClassic AUTOSAR仕様を要約し、Classic AUTOSAR仕様の全体像を把握できる内容を提供します。本トレーニングを受講されると、開発現場で使えるClassic AUTOSARの基本的な知識を身につけ、活用していくことができます。
なお、SystemDeskベーシックトレーニングおよびTargetLink AUTOSARトレーニングを受講される方は、本トレーニングの受講が必須となります。
 


受講対象者

  • SystemDeskベーシックトレーニングまたはTargetLink AUTOSARトレーニングを受講される方
    (本Classic AUTOSARベーシックトレーニングのみの受講はできません)
  •  車載ECUソフトウェア開発に携わる技術者の方
     

受講条件

  • 車載ECUソフトウェア開発の知識・経験があること
  • C言語プログラミングの知識・経験があること
  • CAN/FlexRay/LINなどの車載ネットワークシステムの知識があること
     

コンテンツ

  •  Classic AUTOSARの概要
  • ソフトウェアコンポーネントおよびバーチャルファンクショナルバス(VFB)
  • インターナルビヘイビアおよびソフトウェアコンポーネントの実装
  • システムコンフィギュレーション
  • ECUコンフィギュレーションおよびベーシックソフトウェア
  • ランタイム環境(RTE)
  • Classic AUTOSAR規格に関する技術情報
  • 計測および適合
     

期間

  • 1日間(10:00〜17:00)

定員

  • 4名

受講料

  • お問い合わせください

お申し込み方法

  • 弊社営業担当(sales@dspace.jp)までお問い合わせください

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き