For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

いまさら聞けないシリーズ
自動コード生成とソフトウェア検証に
ついて(BTC Japan協力)

概要

本セミナーは2部構成になっており、MBD開発での自動コード生成とソフトウェア検証について解説します。

前半では、MBDの概要を説明しながら、制御モデルを量産ソフトウェアとして変換するための自動コード生成ツールについて、デモを交えて解説します。また、自動車業界では対応が必要になっている機能安全(ISO 26262)や、最新トレンドであるAUTOSAR、Virtual-ECUに対するdSPACEの取り組みや関連製品についても紹介いたします。

後半では、検証プロセスの標準化を形成し、検証ソリューションの基礎となる、BTC社、MES社の検証ツールについて解説します。
モデルを利用したソフトウェア開発の課題は、各種の検証手法を駆使して、制御ロジックの確かさ、ソフトウェアの堅牢さを効率よく補償することであり、形式手法を応用した制御ロジック検証およびソフトウェア検証は、このような課題を解決する一つの手段です。的確に定義されたテスト目的とその手法や、MBDを用いた開発手法の検証プロセスとして、効果的に組織運用された事例についても紹介いたします。

"従来のいまさら聞けないシリーズ MBDの概要と自動コード生成について"および"モデルベース開発をサポートする検証ツールについて(BTC Japan協力)"の2講座を統合し、内容を刷新しています。


受講対象者

  • MBD導入を検討しており、自動コード生成や検証手法に興味のある方
  • 既にMBDを導入している方で、これから自動コード生成や検証手法を検討している方
  • MBDにおける要件検証、ソフトウェアテストの品質向上、工数削減を検討している方

コンテンツ

第1部

  • 会社概要の紹介
  • 自動車開発とMBD概要
  • 自動コード生成ツールTargetLinkの紹介
  • AUTOSAR、Vitual-ECUに対する弊社製品のご紹介

第2部(BTC Japan協力)

  • 単体/結合モデルの形式検証
  • ガイドラインチェック
  • Back-to-Backテスト

期間

  • 半日間(13:30〜17:00)

定員

  • 東京会場 12名
  • 名古屋会場 8名
  • 大阪会場 8名

受講料

  • 無料

お申し込み方法

  • Web申し込みとなりますので、こちらよりお申し込みください