For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLink®における機能バリアントのモデリング

実際のSimulink/TargetLinkプロジェクトでは、機能バリアントのモデル化、つまり、ある機能のさまざまな実現を切り替えることができなければならないことがよくあります。オプションの機能やさまざまな車両のコンフィギュレーションをサポートするために、機能バリアントが必要なことがあります。
バリアントのバインディングを、コード生成時、コンパイル時、または実行時に実現することができます。コード生成時にバインディングを行った場合は、バリアント固有のコードが生成されます。コンパイル時のバインディングは、コード内でのプリプロセッサ定義によって実現することができます。また、適合変数を使用すれば、実行時にバインディングを行うことができます。

このアプリケーションノートでは、TargetLinkを使用して機能バリアントを実現する方法を説明します。関連のあるTargetLinkでの原則および一般的な問題を解決するのに役立つヒントや提案についての情報も含まれています。TargetLinkのバージョンTargetLink 2.3.1およびTargetLink 3.0.1の(MathWorks Release R2007b以降と組み合わせた場合の)デモモデルが、例として含まれています。

注意:

この資料は、ID登録をされたお客様がTargetLinkのサポート情報を閲覧する場合のみ使用できます。既にご登録を完了しているお客様は、ご自身のmydSPACE IDとパスワードでログインし、本資料をダウンロードしてください。まだご登録がお済みでない場合は、以下のリンクからご登録ください。 登録 および IDの管理

Tags

Date 2012-06-15
ソフトウェアタイプ 量産コード生成ソフトウェア
製品 TargetLink
タイプ アプリケーションノート
情報カテゴリー 詳細
dSPACE Release 2017-A, 2016-B, 2016-A, 2015-B, 2015-A, 2014-B, 2014-A, 2013-B, 2013-A, 2013-Aより前