For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLink® Data Dictionary in a Multi-User Environment

dSPACEの量産コード自動生成ツールであるTargetLink®は、MATLAB®/Simulink®/Stateflow®環境に全面的に統合されており、電子制御ユニット(ECU)に含まれるマイクロコントローラ用の非常に効率的なCコード生成を実行します。

ECU開発では、TargetLinkが1つの開発部署内の複数のユーザによってよく使用されます。これらのユーザは、同時に複数の異なるモデルの開発に取り組んでおり、これらのモデルは、最終的に1つのECUアプリケーションに統合されます。このようなマルチユーザ環境では、データを管理して一貫性を保つことが重要な目標となるため、特別なサポートが必要になります。

TargetLink 2.0で導入された、TargetLink Data Dictionary(TLDD)には、マルチユーザ環境をサポートする新しい機能が備わっています。このアプリケーションノートでは、マルチユーザ環境でTargetLinkをセットアップして、すべてのユーザにとってワークフローの一貫性を保つ方法、および同じフレームワークで作業する方法について説明します。

Tags

Date 2006-01-15
ソフトウェアタイプ 量産コード生成ソフトウェア
製品 TargetLink
タイプ アプリケーションノート
情報カテゴリー 機能拡張
dSPACE Release 2016-B, 2016-A, 2015-B, 2015-A, 2014-B, 2014-A, 2013-B, 2013-A, 2013-Aより前