For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLinkとモデルリファレンスの併用に関するガイドライン

このアプリケーションノートは、モデルリファレンスとTargetLinkを併用する必要があるTargetLinkユーザを対象としています。本書では、次の内容について説明します。

  • モデルリファレンスをいつ使用するかまたは使用しないか
  • モデルリファレンスの利点と不利な点
  • 既存のサブシステムを参照先モデルに変換する方法
  • モデルリファレンスに関係する制限事項、障害、予想外の問題に対処する方法

ワークフローの問題も取り上げますが、分散開発に関連したTargetLinkの機能には対応していません。分散開発に関する情報が必要な場合は、TargetLinkのマニュアルを参照してください。

注意:

この資料は、ID登録をされたお客様がTargetLinkのサポート情報を閲覧する場合のみ使用できます。既にご登録を完了しているお客様は、ご自身のmydSPACE IDとパスワードでログインし、本資料をダウンロードしてください。まだご登録がお済みでない場合は、以下のリンクからご登録ください。 登録 および IDの管理

Tags

Date 2012-09-15
ソフトウェアタイプ 量産コード生成ソフトウェア
製品 TargetLink
タイプ アプリケーションノート
情報カテゴリー 詳細
dSPACE Release 2017-A, 2016-B, 2016-A, 2015-B, 2015-A, 2014-B, 2014-A, 2013-B, 2013-A, 2013-Aより前