For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

誰でも利用できる仮想テストドライブ

自分のPC上で運転支援機能をテスト

利点:VEOSによる仮想テストドライブ

  • 自分のPCを使用してADAS機能の閉ループテストを実現
  • プラントモデルおよび環境モデルを再利用
  • 開発フェーズ全体を通じてモデル化および自動化されたテストをシームレスに使用
  • Simulink®、TargetLink、レガシーCコード、AUTOSAR、およびFMIのサポート

課題:テストシナリオを利用できない

開発の初期段階に現実的なテストシナリオでECUの機能を検証することは、より一般的な手法になっています。特に、多くのシステムとネットワークで接続されるセーフティクリティカルな運転支援機能については、その性質上、単純な単体テストでは、十分な網羅性を確保できません。このようなケースでは、機能開発者は複雑な環境モデルを含んだ閉ループで機能が他の制御アルゴリズムと相互連携するかテストする必要があります。

対策案:仮想テストドライブ

既存の環境シミュレーションモデルをECUテスト用として取り出し、開発者のPC上で再利用するのが実践的なアプローチです。dSPACEのVEOSがこれら2つの環境を接続します。機能開発者は機能の仮想テストを必要なときにいつでも実行できるため、多くの異なる環境シナリオを容易にテストすることができます。これにより、実車によるテストドライブの数を妥当な水準に抑えられます。また、仮想テストドライブの再現がはるかに容易になるため、修正した機能の確認にも役立ちます。VEOSには、実車によるテストドライブでは不可能なデバッグやコードカバレッジなど、確立されたエラー解析手法も組み込まれています。機能開発者が環境モデルを利用できない場合は、ADASの多くの分野に対応するdSPACEモデルを使用することができます。

一例:複雑な交差点アシスタント機能の開発

交差点アシスタントの自動化されたテストをHIL(hardware-in-the-loop)シミュレータで実行するには、関係するすべてのECUを詳細にテストするために必要な正確な交通状況(走行進路、交通参加者の数、沿道の状態など)を記述した多くのテストシナリオを構築する必要があります。VEOSを使用することで、機能開発者はSimulinkやAUTOSARで開発された関連する機能アルゴリズムを選択し、これらの環境モデルと相関させたうえでシミュレーションを行うことができます。VEOSを使用することで、HILシミュレータと同様のビジュアル表示、シミュレーション制御、およびテストの自動化を実現できます。

その他の情報