For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

機能テストのための仮想テストベンチ

常にPCで使用可能

利点:仮想テストベンチとしてのVEOS
  • FMIを介して計算エンジニアリング部門の専用モデルを再利用可能
  • 複雑な環境モデルを使用した現実的な閉ループシミュレーション
  • レイアウトのシームレスな使用
  • Simulink®、TargetLink®、レガシーCコード、AUTOSAR、およびFMIのサポート
 
課題:テストベンチでの複雑なテスト
今日の電子制御ユニット(ECU)の機能開発は複雑化しており、新機能のテストを実際のテスト対象ユニットまたは車載テストで実施しなければならない場合が多くあります。実機テストベンチを使用すれば詳細なテストと計算は可能になりますが、非常にコストがかかるうえ、困難な要求を常に満たせるとは限りません。その上、新しいコントローラをテストする必要のある開発者全員が常にテストベンチを利用できるとは限りません。
 
対策案:仮想テストベンチ
すべての機能開発者はPCを所有しているため、PCを使用して機能テストを行うことは非常に現実的なアプローチです。シミュレーションプラットフォームdSPACE VEOS®を使用すると、シミュレーションモデルとバーチャルECUを含む個人用仮想テストベンチとしてPCを使用することができます。
PCベースで行うエンジンへの影響のシミュレーションは、ECU機能を現実的なコンテキストでテストするのに十分な正確さを備えています。機能の妥当性確認のためにさらに複雑なモデルを使用する必要がある場合は、Functional Mockup Interface(FMI)規格を使用して、計算エンジニアリングツールをVEOSに統合することができます。
 
一例:完全可変バルブトレインのECU制御ロジックの開発
燃費に関するより厳格な要件を満たすためには、完全可変バルブトレインなどの新しい制御ロジックを使用する必要があります。しかし、バルブの開閉タイミングとリフト量を制御するためのこの新たな自由度は、エンジン制御機能の開発と適合の作業量を増加させます。VEOSを使用すると、仮想モーターモデルを使用して制御ロジックを最初にPC上でテストすることができます。設計技術者は、HILテストエンジニアがHILシミュレータで数多くのテストを実行して既に妥当性を確認した専用モデルを使用することができます。さらに、dSPACE試験ソフトウエアControlDesk® は、対話形式で使用可能な実物そっくりのレイアウトをPCシミュレーション時に提供します。そのため、コントローラや制御対象となるシステムの変数と適合パラメータにはシミュレーション中でもアクセスでき、それらを自動化または最適化プロセスに容易に統合することができます。これにより、新機能を実際のテストベンチや車両に実装する前に、純粋に仮想的なテストドライブを行うことができます。

その他の情報