For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

V-ECUのシミュレーション

利点

  • VEOSでは、V-ECUのあらかじめ決められたスケジューリングに基づいて確実に伝送するシミュレーションをリアルタイムよりも高速に実行可能
  • COMスタックが含まれたECUなどの場合はバスレベル、アプリケーションレベルのV-ECUやオープンループテストのスティミュレーションなどの場合は信号レベルでV-ECUを接続
  • ブレークポイントの設定により、シミュレーションを必要に応じて正確に一時停止してデバッグを行うことが可能
  • CAN、CAN FD、およびLINのバス動作をシミュレートし、FlexRayに理想的なバスを使用可能

開発段階でのテスト

機能開発者は、追加のハードウェアを必要とすることなく、開発用PCで直接V-ECUのシミュレーションを実行できます。そのため、シミュレーション中に段階的にシミュレーションを一時停止し、V-ECUのコードをデバッグすることができます。

リアルタイム独立シミュレーション

V-ECUのシミュレーションは、リアルタイム実行に依存しません。シミュレーションをより強力なCPUに拡張することにより、同じ時間内でより多くのテストを実行することができます。

仮想バスシミュレーション

COMスタック全体が含まれたV-ECUをシミュレートすることができます。V-ECUは、実際のハードウェアが無くても仮想バスに接続し、分散化した機能とECUネットワークをシミュレートすることができます。COMスタックは、CANおよびLINネットワーク用に自動生成することができます。また、サードパーティ製のCANまたはCAN FD COMスタックをインクルードすることも可能です。V-ECUに診断用ベーシックソフトウェアが含まれている場合は、ControlDeskを使用して仮想バスにアクセスし、仮想診断テストなどを実行することができます。

その他の情報