For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

HILテストの作成

PC上でテストを開発および検証

利点:HILテストの準備にVEOSを使用

  • 自動テスト、レイアウト、モデル構成などのHILテストオブジェクトをPC上で準備
  • HILテストの実行前にエラーを特定
  • HILシミュレータの利用を最大化
  • HIL API規格のサポート

課題:HILシミュレータの休止時間

HILシミュレータを最適に利用するためには、24時間稼働させることが理想的です。しかし、今日ではHILシミュレータはテストの準備、設計、および妥当性確認に使用されるため、不要な休止時間が発生する場合があります。さらに、夜間テストを実行してもテストシーケンスの不具合により早期に中断してしまうことがあり、これが貴重な時間の浪費とプロジェクトの遅延を引き起こしています。

対策案:PC上でテストを準備

PCベースのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOSは、HILシミュレータと同じインターフェースを備えているため、事前にHILシミュレーションのテストシナリオおよびレイアウトを設計および検証することができます。さらに、実際のHILシステムを使用せずにプラントモデルを開発、パラメータ化、およびテストすることができます。VEOSは自動HILテストシミュレーションを実行することにより、テストシーケンスの不具合による実際のHILテストの中断を防止します。過去にHILシステム用として開発されたレイアウトは、再利用して新たな要求に適合させることが可能です。一度作成したレイアウトおよびテストは、さまざまな開発ステージにわたって再利用できるため、無駄な時間と労力の両方を省くことができます。HILテストをフロントローディングすることで、テスト品質が向上し、HILシミュレータの利用がさらに効率化され、総保有コスト(TCO)の削減が可能になります。

一例:駐車用ガレージでの自動パーキング

自動パーキングの制御機能を現実的な駐車用ガレージ環境でテストするには、他の車両を含む駐車用ガレージ全体をモデル化および設計することが必要です。さまざまな駐車スペースおよび境界線を利用する多様なパーキングシナリオの作成には、個別のHILテストシナリオが求められます。

VEOSを使用すると、事前にPC上でモデル、レイアウト、およびテストを設計し、それぞれのプロジェクトに最適なHILテストを特定することができます。HILシミュレータでテストを継続しながら、シミュレーションモデルを早期段階でパラメータ化することが可能です。実際のHILシミュレーションの前にテストおよびテストの妥当性確認を行うことにより、修正や夜間テストの中断を回避することができます。

その他の情報