For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

AUTOSARコード不使用のバーチャルECU

早期の段階でPC上でソフトウエアコンポーネントのテストを実行できます。

利点:VEOSを使用したバーチャルECUテスト
  • 開発者のPC上で組込みテストを実行
  • 確立されたデバッグ、コードカバレッジ、パラメータ解析用ツールの使用
  • ハードウエアプロトタイプを使用せずに、早期の段階での組込みテストを実現
  • AUTOSARコードを使用せずにバーチャルECUのテストを実現
 
課題:開発プロセスにおける組込みテスト
新しい機能の統合や機能間の相互作用に関する妥当性確認を開発プロセスの早期の段階で環境モデルを使用して行う必要性C言語で開発されたCコードベースのモジュールは、個別にテストする必要があります。さらには、ECUプロトタイプに実装された比較的後期の段階においても、HILシミュレータを使用してテストする必要があります。これまで、潜在的なエラーを検出し修正するのは難しい作業でした。従来
 
対策案:バーチャルECU
できるだけ早期の段階で、さまざまな機能の相互作用のテストをより効率的に行うには、バーチャルECUを使用してPC上で妥当性確認を行います。機能開発者は、dSPACEのPCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOS®を使用することで、新しい機能の相互作用をPC上でテストすることができます。VEOSでは、デバッグやコードカバレッジといったエラー解析向けの確立された手法も使用することができ、開発フェーズの途中であっても必要な変更を実装することができます。
 
一例:TargetLink®モジュールの組込みテスト
dSPACEの量産コード生成ツールであるTargetLinkは、さまざまな機能向けのCコードモジュールを生成します。これらのモジュールは、適切なタスクスケジューリングも含んだバーチャルECUをSystemDeskで自動生成する場合にも使用できます。VEOSでバーチャルECUをプラントモデルに接続することにより、開発者は最初の機能テストをPC上で実行することができます。

その他の情報