For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

V-ECUの統合

利点

  • エンジンモデルやトラフィックシナリオを含むAutomotive Simulation Models(ASM)などのSimulinkモデルをVEOSでシミュレート
  • プラントモデルや環境モデルを備えたV-ECUを同じ環境でシミュレート
  • さまざまなソースからのV-ECUや環境モデルを同じシミュレータで統合
  • Bus Managerでレストバスモデルを生成し、環境モデルやV-ECUと統合することが可能
  • FMI for Co-Simulation 2.0に基づいたサードパーティ製モデルの統合
  • テスト対象がアプリケーションソフトウェアの新機能かハードウェアに依存しないソフトウェアの統合かを問わず、さまざまなレベルでV-ECUを統合

Virtual Test Drive(仮想テストドライブ)

仮想テストドライブを実行するには、ASMトラフィックを使用して運転シナリオをモデリングし、VEOSにインポートします。VEOSでは、バーチャルECUとサードパーティ製エンジンモデルとをFMUとして運転シナリオに統合します。VEOSではシミュレーション全体が完全に実行されるため、追加のシミュレーションハードウェアまたはソフトウェアは一切必要ありません。

仮想統合テスト

V-ECUの統合が機能するかどうかをテストするには、システムモデルを実装します。VEOSでV-ECUをインポートし、これらを接続することができます。また、レストバスシミュレーションを作成して、VEOSにないECUを再現することもできます。その後、システムモデルを使用して統合テストを実行することができます。

協調シミュレーション

協調シミュレーションを使用したセンサシミュレーションでは、VEOSシミュレーションシステムをIntempora社のRTMapsなどの専用シミュレータと統合します。たとえば、RTMapsでセンサ融合アルゴリズムを同時に実行し、プロジェクトの枠内でネットワーク接続を介して両シミュレータを通信させることができます。

その他の情報