For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

V-ECUの生成

利点

  • AUTOSARおよびAUTOSAR以外のECU開発用の量産コードからV-ECUを生成
  • テスト対象がアプリケーションソフトウェアの新機能かサードパーティ製ベーシックソフトウェア(BSW)アプリケーションを含むECUコード全体かを問わず、必要に応じてV-ECUを柔軟に作成可能
  • V-ECUの生成を既存の連続的な統合ツールチェーンに統合し、量産コードの最新リリースが含まれたV-ECUを使用

アプリケーションソフトウェアのテスト

VEOSはPCベースのシミュレーションプラットフォームであるため、開発者は最新の量産コードをコンピュータで直接テストすることができます。このため、ベーシックソフトウェアスタック全体を統合することなく、V-ECUのファンクションコードとアプリケーションレイヤーの妥当性確認を直接行うことができます。テストは、オープンループまたはクローズドループのテストシナリオで実行できます。

BSWの統合

ベーシックソフトウェアとその設定(COMスタックや診断用モジュールなど)をSystemDeskのアプリケーションソフトウェアと組み合わせたうえでサードパーティ製ベーシックソフトウェアとして統合することにより、BSWとアプリケーションソフトウェアの両方が含まれたV-ECUを生成することができます。このV-ECUを使用して、アプリケーションとベーシックソフトウェアの量産コードの両方の統合テストを行うことができます。

連続的な統合

V-ECUの設定と生成を自動化することにより、V-ECUの生成プロセスを既存のツールチェーンに統合することができます。この生成プロセスでは、常に最新バージョンの量産コードがV-ECUに提供されます。このため、V-ECUを連続的に統合することができます。このシナリオでは、新しいコードをチェックインするたびに、最新バージョンのコードが含まれた新しいV-ECUビルドの生成がトリガされます。その後、V-ECUは自動的にテストされ、その結果は開発者やデータベースに配信され、その他の自動化されたテストおよび統合プロセスの入力として役立てられます。

その他の情報