For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

バーチャルECUによる機能の妥当性確認

PC上での機能の相互作用のテスト

利点:VEOSを使用したバーチャルECUテスト

  • PC上でのECUソフトウェアの継続的な統合
  • 使い慣れたデバッグ、コードカバレッジ、パラメータ解析用ツールの使用
  • AUTOSARおよび非AUTOSARベースのワークフローのサポート

課題:反復的なソフトウェアのアップデート

今日、新しいECU制御ロジックはますます複雑化しているため、単体テストまたはモジュールテストだけでは制御ロジックの妥当性確認には不十分です。ECUソフトウェア全体の動作の妥当性確認を行ったり、他のECUと連携してECUソフトウェアのテストを実行したりできるようにするためには、制御ロジックの一部をECUベーシックソフトウェアに統合する必要があります。同時に、制御ロジックが修正された場合も、全体システムに容易に統合でき、テストできる必要があります。制御ロジックのアップデートに必要なフラッシュプロセスには非常に時間がかかるため、実際のECUプロトタイプでは限界があります。

対策案:PC上でのソフトウェア統合テスト

仮想電子制御ユニット(V-ECUs)は、より柔軟性の高いアプローチを提供します。V-ECUは、開発者のPCで直接生成することができ、ほとんどの場合、最終的なECUプロトタイプと同じソフトウェアコンポーネントとベーシックソフトウェアを含んでいます。そのため、ソフトウェアの変更やアップデートをいつでもすぐに統合することができます。PCベースのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOSでは、V-ECUを使用することによりソフトウェアの全体的な挙動の妥当性を確認することができます。現実的なプラントモデルは、SIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションに簡単に統合できます。

一例:ACC ECUの統合とテスト

車間距離と車速の自動制御を行うACC(アダプティブクルーズコントロール)ECUの開発では、1つのV-ECUに3つのコンポーネント(車間距離制御、先行車両の検出、およびユーザインターフェース制御)を統合します。これらの3つのコンポーネントの相互作用をテストする場合、車間距離制御のエラーが検出され修正されます。V-ECU生成のためのビルドプロセス全体が開発者のPC上で実行されるため、新機能に伴うシステム全体の更新を容易に行うことができます。また、VEOSはHILシミュレーションで使用するのと同じビークルダイナミクスモデルを閉ループシミュレーションでも使用するため、シミュレーション自体が非常にリアルなテスト環境で実行されます。複数の修正を行った場合も、ECUの最適な挙動が得られるまでテストシナリオの再現を容易に行うことができます。

その他の情報 関連項目