For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

HILテストのフロントローディング

PC上でのバーチャルECUのテストの完全自動化を実現します。

利点:VEOS搭載PCでの機能テスト
  • ECUのプロトタイプが不要
  • 変更が発生した場合もすばやく更新
  • V-ECUを容易に複製してさまざまなテストで同時使用
  • 自動化された早期段階のテストにより、ソフトウエアの品質が向上
     
課題:遅過ぎる組込みテスト
今日まで長い期間を経て、テストはHILシミュレータおよび電子制御ユニット(ECU)のプロトタイプにより自動化できるようになりました。ただし、ECUの機能はさまざまな開発チームによって提供されることが多いため、ECU全体の動作は早期段階で検証する必要があります。ECUの機能は複雑さを増し、その適用範囲も多様化しています。このようなテスト範囲に対応するには、テストの自動化が必要です。
 
対策案:バーチャルECU
1つの解決策は、既存のソフトウエアコンポーネントを統合してバーチャルECU(V-ECU)を作成することです。PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOS®を使用すると、このバーチャルECUを、PC上の自動テストシーケンスを含むリアルなHILテストシナリオで包括的にテストすることができます。必要に応じて複数のバーチャルECUを連携させ、ネットワークでの通信状態をテストすることもできます。
バーチャルECUは複製が容易なため、さまざまなシナリオで同時に使用できます。こうしてHILシミュレータからPC上へと、機能テストのフロントローディングが実現されます。エラーを早期段階で発見できるため、ECUソフトウエアの品質がすでに高い状態で次のHILテストを開始できます。さらに、バーチャルECUをHILシミュレータ上で使用することもできます。
 
一例:ESP制御ユニットの統合
ESP制御ユニットを統合する場合、制御モデル全体を統合して包括的な機能を作成することが必要です。このためには、dSPACEのSystemDesk®を使用して、AUTOSARソフトウエアコンポーネント(SWC)からバーチャルECUを生成します。まず、AUTOSARへの適合性、およびSWCインターフェースが自動的にSystemDeskで検証されます。その後VEOSを使用して、タスクスケジューリングを含む機能全体の妥当性確認が行われます。
dSPACEツールチェーンでは、開発プロセスがAUTOSARベースではない場合にS-FunctionやFunctional Mockup Unit(FMU)をベースとする手法も利用できます。こうしたケースのすべてにおいて、V-ECUの妥当性確認のために既存のHILテストシナリオ、シーケンス、設定、およびレイアウトを再利用できます。

その他の情報