For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

V-ECUによるテストおよび試験

利点

  • XCPやASAM XIL-APIなどの関連する自動車規格をサポートし、IPアドレスで接続できる追加プラットフォームとして使用可能
  • A2L変数記述ファイルに基づいて、XCP over Ethernetを使用してVEOS上で動作するV-ECUにアクセス可能
  • HIL(Hardware-in-the-Loop)システムに使用するのと同じツールを試験やテストに使用可能
  • VEOSテストセットアップでシナリオベースのテストを利用可能

HIL(Hardware-in-the-Loop)テストの準備

PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSは、HILシミュレータと同じ標準インターフェースを備えているため、事前にHILシミュレーションのテストシナリオおよびレイアウトを設計および検証することができます。さらに、HILシステムを使用せずにプラントモデルを開発、パラメータ化、およびテストすることができます。

過去にHILシステム用として開発されたレイアウトは、再利用して新たな要求に適合させることが可能です。実際のHILテストでは、誤ったテストシーケンスによる失敗を回避することができます。一度作成したレイアウトおよびテストは、さまざまな開発ステージにわたって再利用できるため、無駄な時間と労力の両方を省くことができます。

HILテストのフロントローディング

PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSを使用すると、PC上の自動テストシーケンスを含むリアルなHILテストシナリオで、V-ECUを包括的にテストすることができます。必要に応じて複数のバーチャルECUと環境モデルを組み合わせて、システムの統合テストを実施することもできます。VEOSを使用すると、自動化されたECUテストシーケンスをPC上でシミュレートし、HILシステムで再利用することができます。追加のハードウェアは不要なため、容易にバーチャルECUの分散化を図ることができます。この方法でテストをフロントローディングすることにより、以降のどのHILテストを開始する前であっても、ECUソフトウェアの品質を向上させることができます。

クラスタシミュレーション

PCベースのシミュレーションプラットフォームを使用すると、テストシナリオを単一のPC上で実行したり、同時に複数の実行モードでテストを実行したりすることができます。このようにして、ニーズに合わせて容易にテストの実行規模を拡大し、自動運転などに必要な膨大なテスト走行を実施することができます。

その他の情報