For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

仮想バスシミュレーション

ECUおよびその通信をPC上でテスト

利点: 仮想バスシミュレーションによるECUテスト

  • バーチャルECUの使用により、ECUプロトタイプや追加のハードウェアは一切不要
  • リアルタイムシミュレーションのような制約なし
  • 既存の通信マトリクスおよびレストバス設定の使用
  • テストおよび試験環境の再利用

 

課題:ECUネットワークにおける分散機能の開発および妥当性確認
一部の機能は、さまざまなECUに分散された複数のソフトウェアコンポーネント(SWC)に関連します。これらのECUはバスネットワークを介して通信を行います。これらの機能を徹底的にテストするためには、ECU間の通信を含むシステム全体をシミュレートする必要があります。理想的には、これらのテストは開発段階のできるかぎり早い時点で行われる必要があります。

着想:開発初期段階でのバスシミュレーション
PCベースのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOS®を使用すると、早期の段階でのバス通信のテストが可能です。VEOSではバーチャルECU(V-ECU)を使用するため、必要となるハードウェアは標準的なPCのみです。その他のECUハードウェアプロトタイプは必要ありません。ECUソフトウェアの開発では、ECU間の通信を定義する既存の通信マトリクスに基づいて必要なV-ECUを生成します。V-ECUは新しいソフトウェア反復単位で容易に更新できるため、常に最新の通信テスト環境が保証されます。V-ECUおよびVEOSは純粋にソフトウェアベースであるため、リアルタイムでのシミュレーションで発生する制約はありません。システム全体の通信テストで必要なレストバスシミュレーションは、V-ECUと同じ通信マトリクスに基づいて定義されます。リアルタイムでのシミュレーションと同様に、仮想バスシミュレーションでは信号レベルまでに及ぶ詳細なバスモニタリングを利用できます。

制御ロジックの開発者は、この仮想バス通信シミュレーションにより、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションを実施するかなり前の段階でエラーを発見および修正することができます。また、テストスクリプト、バスおよびその他の設定など、VEOSでの通信テスト用に作成されたすべての成果物はHILテストで再利用できるため、再度設定する手間が省けます。

一例:コンフォートECUの早期の妥当性確認
自動車後部のコンフォートECU上で動作する新しいコンポーネントにより、既存の快適機能が拡張されます。このECUは、CAN経由で車両前部の主要なコンフォートECUと通信します。主要なECUはすでにV-ECUの形でテストされています。レストバスシミュレーションの設定は、Bus Managerで生成されました。

新しいコンポーネントがSimulink®モデルなどとして入手可能になった時点で、直ちにこれを利用してV-ECUを生成します。主要なECUのバス設定は再利用できるため、仮想バスシミュレーションのセットアップが容易になります。V-ECU間の通信の定義やレストバスシミュレーションの設定に同じ通信マトリクスを使用するため、2つのコンポーネントはシームレスに連動し、修正の必要は一切ありません。

以降のテストプロセスでは、仮想バスシミュレーション用に作成された設定、テストレイアウト、およびモニタリングを含むすでにテスト済みのレストバスシミュレーションを再利用することができます。

その他の情報 製品情報