For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:量産用ベーシックソフトウェアのV-ECUへの統合

利点

  • ソフトウェアとハードウェアの統合からソフトウェアとソフトウェアの統合を分離することにより、実際のハードウェアを入手する前でも量産コードの成熟度が向上
  • アダプティブV-ECUを含む、より現実的なECUネットワークシミュレーションの活用により、SILテストと同様の早期の段階でECUネットワーク通信の妥当性確認を行うことが可能
  • サードパーティ製のモックアップコードや暫定的な実装ではなく、自身の量産コードの互換性をテストできるため、さらに現実的なテストが可能

技術的課題

アプリケーションソフトウェアのテストに仮想検証を使用したくても、アプリケーションソフトウェアがベーシックソフトウェアに大きく依存する機能を含んでいる場合があります。また、VEOSバスシミュレーションを使用するテストや診断テストなど、テストを実行する際にベーシックソフトウェアが必要な場合があります。さらに、アプリケーションとベーシックソフトウェアコードを統合したうえでテストを行う必要がある場合もあります。これには、アプリケーションソフトウェアの成熟度向上に有益という利点や、BSW設定の潜在的なエラーを検出できるという利点もあります。

着想

AUTOSARのモジュール性を活用し、MCALインターフェースを介してECUの量産BSWコンポーネントをV-ECUに統合します。アプリケーションソフトウェアとベーシックソフトウェアの一部を含むV-ECUの作成をAUTOSAR RTEなどのdSPACEベーシックソフトウェアやオペレーティングシステム(OS)で補完します。あるいは、完全なECUのコードからV-ECUを作成します。これは、ハードウェアに依存したソフトウェア部分(MCALレイヤー)をVEOSシミュレーションプラットフォームの適切なモジュールに置き換えるだけで済みます。

ECUネットワークのシミュレーションにおいて、アダプティブV-ECUと従来のV-ECUとの通信には、バスシミュレーションを使用した通信が必要です。業界標準のAUTOSAR Adaptive Platformを通じてV-ECUとのバス通信を実現するには、完全なEthernetスタックが含まれた従来のV-ECUが必要です。また、早期の段階でECUの統合テストを行うためには、バスインターフェース機能の妥当性確認を行うことも極めて重要です。V-ECUを使用してECUのバスインターフェースをテストすると、HILテストでの時間を節約することができます。つまり、HILテスト開始時のソフトウェア品質を確実に向上させることができます。VEOSとHILシミュレータでまったく同じテストを実行する場合は、ECUコード全体のV-ECUを作成することをお勧めします。

製品情報