For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

クラスタシミュレーションによる高度に自動化されたテストドライブ

PC上で何百万kmにも及ぶテストドライブが可能

利点: VEOSによるテストドライブ

  • 開発の初期段階における総合的なテスト
  • バーチャルECUによる高い拡張性
  • 常に安定した再現可能なテストの実行
  • 高速テスト実行を通じて高いテストスループット

課題:何百万kmのテスト走行を可能な限り高速に実行

高度に自動化された走行機能や自動運転車両のテストでは、何百万kmものテスト走行が必要です。これらのテストドライブでは、広範囲の道路や天候、トラフィックシナリオを網羅する必要があります。HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータのみを使用してこれらのテストを実行するためには、膨大な量のHILシステムと実際のECUプロトタイプが必要となり、投資コストが途方もなく増加します。

着想:数多くの仮想テストドライブをPCで実行

VEOSはPCベースのシミュレーションプラットフォームとして、非常に多くのシミュレーション実行が必要となる開発プロジェクトに対して理想的なソリューションを提供します。VEOSはオープンな自動化インターフェースを備えているため、完全に自動化されたテストシナリオの実行が可能です。仮想テストドライブの並列実行の必要に応じて、多くのVEOSインスタンスを1つのクラスタにセットアップすることができます。PCクラスタは、シミュレーションジョブとテストケースをスケジューリングする1つの中央ユニットによって制御されます。簡単にコピーできVEOSクラスタ全体に配置できるバーチャルECU(V-ECU)を使用すれば、VEOSとV-ECUを組み合わせて高度にスケーラブルなテストシステムを作成することができます。

さらに、VEOSではXIL APIを使用してシミュレーションデータへのアクセスと記録が可能です。データは中央の記憶装置に転送でき、後で分析することができます。PCベースのシミュレーションにより、リアルタイムよりも高速にテストを実行できます。使用されるVEOSインスタンスの数に応じて、毎日、何百万kmものテストドライブを実行することができます。不合格のテストドライブも、VEOSを使用して細部まで再現し、デバッグすることができます。

一例:開発の反復作業を連続的にテスト可能

高度に自動化された走行機能は非常に複雑であるため、開発の複数の段階でこれらのソフトウェアを徹底的にテストする必要があります。1週間おきに、現在のソフトウェアバージョンは1つまたは複数のV-ECUに統合され、VEOSクラスタでシミュレートされます。生成されたデータはビッグデータ分析ツールにロードされ、以前の結果と比較され、分析されます。この方法で、改善と失敗が容易に特定でき、必要に応じて修正することができます。初期の開発段階でこのように多くのテストドライブを実行することにより、HILテストや実車によるテストドライブを開始する前に非常に高いソフトウェア品質を達成することができます。

関連項目