For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

モジュール型のロータリーステアリングテストベンチ

このテストベンチは、ステアリングコラム上でロータリーステアリングをサポートするステアリングシステムのテストに使用されます。また、電動パワーステアリング(EPS)システムに加えて、スーパーポジションステアリングのテストも可能です。柔軟なベースプレートを各種駆動システムと組み合わせ、定位置に保つことができるため、最大限柔軟な活用が可能です。


特徴:


  • 次のモジュール型テストベンチ
    • サーボモーターをステアリングコラム上に配置した電気機械式パワーステアリング(C-EPS)
    • アクティブフロントステアリング(AFS)
  • 同期モーターにより、ドライバーによるトルクとステアリングホイールの位置をシミュレート可能
  • 同期モーターにより、路面の力から生じるトルクとステアリングコラムへの作用をシミュレート可能
  • 動作モード:
    • ブロッキング
    • 単一負荷
    • 二重負荷
  • ASM Vehicle Dynamics Modelへのシームレスな統合により、仮想テストドライブに対応
  • MATLAB/Simulinkに組み込まれたスティミュラス生成ツールにより、スティミュラス信号の合成を実現
  • サイズ:4 m x 1 m x 1.8 m(約9.8 x 3.3 x 7.2フィート)
  • 約1,500 kg(約3,307 lb)
  • 接続負荷:15 kW

参照:


  • 欧州および北米のOEM向けターンキープロジェクトが多数存在

モーターの特性
モーター トランスミッション非搭載の同期モーター
モーターエンコーダ HIPERFACE®モーターフィードバックシステム
サーボアンプ LTI Servo One
トルク制御ストラテジ フォワード制御(モーター電流)および多重フィードバック制御(トルクトランスデューサ)
位置制御ストラテジ 速度およびトルクを補助的に制御するカスケード制御
最大連続トルク[Nm] 120
最大変位[deg] 制限なし
最大回転速度[rpm] 1200

 

定常状態の制御精度
トルク[Nm] ±2(テスト対象デバイスおよびトルクトランスデューサによる)
位置[deg] ±0.01

 

トルクセンサの特性
計測範囲[Nm] ±200
精度[Nm] ±1

モーターの特性
モーター トランスミッション非搭載の同期モーター
モーターエンコーダ HIPERFACE®モーターフィードバックシステム
サーボアンプ LTI Servo One
トルク制御ストラテジ フォワード制御(モーター電流)
位置制御ストラテジ 速度およびトルクを補助的に制御するカスケード制御
最大連続トルク[Nm] 11
最大変位[deg] 制限なし
最大回転速度[rpm] 3000

 

定常状態の制御精度
トルク[Nm] ±0.5(テスト対象デバイスおよびトルクトランスデューサによる)
位置[deg] ±0.01

 

トルクセンサの特性
計測範囲[Nm] ±50 ±10
精度[Nm] ±0.25 ±0.05

その他の情報