For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

スピンドルアクチュエータを備えたコンパクトなステアリングテストベンチ

コンパクトなこの小型テストシステムにより、開発者はステアリングの機械構造全体を設置およびテストできる現実的な力やトルクを挿入することができます。一般に、これらのシステムは、ソフトウェア統合テスト、ソフトウェアリリーステスト、平均的なダイナミクスを必要とする現実的な運転操作のテストに使用されます。


特徴:


  • 電気機械式パワーステアリングに適したコンパクトなステアリングテストベンチ
    • ステアリングコラム上にサーボモーターを配置(C-EPS)
    • ステアリングボックス上にサーボモーターを配置(R-EPS)
  • 同期モーターにより、ドライバーによるトルクとステアリングホイールの位置をシミュレート可能
  • 再循環式ボールねじを使用した同期モーターにより、タイロッドに作用する路面からの力をシミュレート可能
  • ASM Vehicle Dynamics Modelへのシームレスな統合により、仮想テストドライブに対応
  • MATLAB®/Simulink®に組み込まれたスティミュラス生成ツールにより、スティミュラス信号の合成を実現
  • サイズ:3 m x 1 m x 2.2 m(約9.8 x 3.3 x 7.2フィート)
  • 約900 kg(約1,984 lb)
  • 接続負荷:18 kW

参照:


  • 欧州、北米、アジアのOEM向けのさまざまなターンキープロジェクトが存在

ステアリングロボット:特殊な巻線を使用した50 Nmモーター

モーターの特性
モーター トランスミッション非搭載の同期モーター
モーターエンコーダ HIPERFACE®モーターフィードバックシステム
サーボアンプ LTI Servo One
トルク制御ストラテジ フォワード制御(モーター電流)
位置制御ストラテジ 速度およびトルクを補助的に制御するカスケード制御
最大連続トルク[Nm] 50
最大変位[deg] 制限なし
最大回転速度[rpm] 500

 

定常状態の制御精度
トルク[Nm] ±0.5(テスト対象デバイスおよびトルクトランスデューサによる)
位置[deg] ±0.01

 

トルクセンサの特性
計測範囲[Nm] ±50
精度[Nm] ±0.25

ステアリングロボット:標準的な巻線を使用した27 Nmモーター

モーターの特性
モーター トランスミッション非搭載の同期モーター
モーターエンコーダ HIPERFACE®モーターフィードバックシステム
サーボアンプ LTI Servo One
トルク制御ストラテジ フォワード制御(モーター電流)または多重フィードバック制御(トルクトランスデューサ)
位置制御ストラテジ 速度およびトルクを補助的に制御するカスケード制御
最大トルク[Nm] 27
最大変位[deg] 制限なし
最大回転速度[rpm] 3000

 

定常状態の制御精度
トルク[Nm] ±0.5(テスト対象デバイスおよびトルクトランスデューサによる)
位置[deg] ±0.01

 

トルクセンサの特性
計測範囲[Nm] ±50
精度[Nm] ±0.25

 

ラックアクチュエータ:ボールねじ循環式トランスミッション

モーターの特性
モーター ボールねじ循環式トランスミッションを備えた同期モーター
モーターエンコーダ HIPERFACE®モーターフィードバックシステム
サーボアンプ LTI Servo One
力制御ストラテジ 多重フィードバック制御(フォーストランスデューサおよび外乱補償)
位置制御ストラテジ 速度および力を補助的に制御するカスケード制御
最大の力[N] すなわち、0.1°パルスの数がカウントされ、経過時間が計測され、回転数が計算されます。
最大変位[m] ±150e-3
最高速度[m/s] ±400e-3

 

定常状態の制御精度
力[N] ±100(テスト対象デバイスおよびフォーストランスデューサによる)
位置[m] ±0.2e-3

 

フォースセンサの特性
計測範囲[N] ±20000
精度[N] 20

 

その他の情報 製品情報