For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLinkによる量産段階に近いプロトタイピング

オンターゲットバイパス処理 1)

ECU上でプロトタイピングを直接実行できます。

実際の電子制御ユニット(ECU)が既に存在し、その機能を拡張することだけが目的の場合は、ECU上で機能開発を直接実行するのが便利です。そのための前提条件は、十分なI/Oと空きリソースがあることです。これらの前提条件が満たされている場合、オンターゲットバイパス処理用のコード生成ツールとしてTargetLinkを使用すると、可能な限り効率的にECUの空き容量を利用することができます。TargetLinkはdSPACE RTI Bypass Blocksetをサポートしているため、新しい機能を既存の量産ECU上で直接開発し、妥当性を確認することができます。RTI Bypass Blocksetの操作は通常と同じであるため、慣れ親しんだ方法でdSPACE RCPシステムを使用することができます。それと同時に、TargetLinkを使用することで、量産コード生成ツールの柔軟性と効率性を活用できます。その結果、生成された量産コードのプログラムサイズとランタイム動作が改善されます。これにより、開発期間の短縮や量産段階でのプロジェクトのリスク軽減が可能になります。

TargetLinkによるオンターゲットバイパス処理用ツールチェーンは、TargetLink 4.2(dSPACE Release 2016-B)以降で使用することができます。

ドラフトから量産へ

TargetLinkをRTI Bypass Blocksetと組み合わせて使用することで、ECU Interface Managerで準備されたECUコードに新しいECU機能を実装することができます。

TargetLinkによりオンターゲットバイパス処理を行うと、機能開発プロセスから量産プロセスへの過程において、すべての作業の自由度が拡大します。

ほとんどの場合、開発プロジェクトはSimulinkモデルから開始されます。この場合、TargetLinkはコード生成ツールとしてのみ使用されます。ここでは、最新の最適化オプションを通じて、機能開発向けの量産ECUの既存のリソースが使用されます。

TargetLink Blocksetを既にモデリングに使用している場合は、開発段階で作成したモデルを一切変更することなく量産段階で再利用できます。その後、量産コード生成に必要な仕様は、ソフトウェア開発段階で既存のモデルに追加されます。つまり、機能開発担当者は実装の詳細に頭を悩ませる必要から解放されます。プロトタイピングにも完全に対応したTargetLinkモデルを使用することで、量産コードの成熟度が最大化されます。これは特に、TargetLinkで開発された機能を反復して改良する場合に役立ちます。この場合、改良された機能モデルは、直ちにソフトウェア開発に使用できます。この際、ソフトウェアインターフェースの指定などのごくわずかな追加を除いて、変更の必要は一切ありません。

その他の情報 動画