For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

バッテリマネージメントシステム(BMS)コントローラの温度監視機能のテスト

タスク

バッテリマネージメントシステム(BMS)のリチウムイオンバッテリパック温度監視による熱暴走の回避。

技術的課題

バッテリの電気的および熱的特性をシミュレートするには、個々のバッテリセルの熱的挙動および近隣セルとの熱相互作用を考慮する必要があります。また、冷却システムも考慮に入れる必要があります。

ソリューション

ASM Battery Multicell Modelでは、個々のバッテリセルの熱‐電気連成シミュレーションをサポートしています。シミュレートされる個々のセルポイントの温度は、バッテリパック内の一定の温度分布パターンを示します。これにより様々な位置にある温度センサの信号を利用することができます。BMSコントローラの接続には、dSPACEのセル電圧エミュレーションハードウェア(EV1077)を使用します。固有の熱流束密度で冷却面を定義することにより、最大6つのバッテリパック表面で冷却プレートをシミュレートします。ModelDeskの直観的でグラフィカルなパラメータ設定画面により、それぞれのセルの初期温度や幾何学的バッテリトポロジなど、すべてのパラメータを設定することができます。

その他の情報 製品情報 成功事例