For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

最適なラムダ制御

タスク

ラムダに基づいた排気後処理制御システムの診断機能のテスト

技術的課題

HIL環境での妥当性確認が必要となる各種の診断ルーチンにおいて、エンジンの排気経路のラムダセンサ出力は、オンボード診断(OBD)システムの一部として重要です。三元触媒システムでは、複数の化学反応を考慮する必要があります。また、関連するすべての効果を詳細にシミュレーションした場合、計算時間やパラメータ設定作業が大幅に増加します。つまり、すぐに使用できるリアルタイム対応ソリューションをHILプロジェクトで提供するためには、ユーザが利用可能なデータソースを考慮しつつ、OBD関連のECU機能をテストする際の主な影響を特定する必要があります。

ソリューション

ASMを使用した三元触媒シミュレーションでは、後処理コンポーネントの酸素貯蔵容量に相関する効果や、触媒自体の中での逆反応に基づく効果が考慮されています。このシミュレーションでは、化学反応や関連する効果についての予備知識に基づいて、触媒内の酸素貯蔵および放出率に基づいた現象論的モデリングアプローチを実現しています。これにより、ラムダセンサ出力信号を生成し、診断システムで利用される効果をキャプチャすることで、エージング後処理システムなどを認識します。

成功事例