For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

気化システムの監視

タスク

オンボード診断(OBD)テスト用燃料タンク気化システムの機能の妥当性確認

技術的課題

ガソリン燃料には有害な特性もあるため、環境汚染を防ぐためには信頼性の高いタンク気化システムが必要です。車両のエンジンが動作中に、ECUは気化システムのバルブを作動させて、気化された燃料をタンクから引き出す必要があります。気化燃料はその後エンジン内で燃焼されます。また、給油中は通気動作モードが有効になり、診断ルーチンによってタンクシステムに漏れがないかチェックが行われます。こうしたバルブの複雑な相互作用を実現するには、温度、圧力、およびガス成分を正確にモデリングすることが極めて重要です。

ソリューション

ASMの気化システムでは、重要なコンポーネントが物理的にモデリングされているため、これらのルーチンを適合することができます。タンクおよびキャニスタは動的な貯蔵器としてモデリングされており、質量保存およびエネルギー平衡の法則を用いて計算を行い、現実的な圧力と温度の挙動データを保存します。

成功事例