For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

充電制御

課題

車両充電コントローラを使用したDC充電プロセスの開発およびテスト。

技術的課題

充電コントローラは、車両の高電圧バッテリをモニタすることで、信頼性の高い充電を行えるようにします。充電プロセスでは、車載充電コントローラと充電ステーションが相互にやり取りします。そのため、HILシステムを搭載し、バッテリおよび充電ステーションのプラントモデルとの相互作用や制御アルゴリズムを検証する必要があります。

ソリューション

ASMは、リアルタイム対応の高電圧バッテリのシミュレーションを含む、すぐに使用可能なバッテリ式電気自動車のデモモデルを提供します。また、このデモモデルには充電ステーションのエミュレーションも含まれており、テスト対象の車載充電コントローラが提供する車両の電流要求に応じてDC充電電圧を決定します。ASMでは、実際の車載コントローラが入手できない場合向けに、定電流定電圧(CCCV)充電プロセスを適用するソフトウェア制御ユニットを提供します。これには、低セル電圧に対するプリチャージフェーズが含まれます。デモモデルのモデルは完全に事前準備された状態になっているためすぐに使用でき、制御ユニットとの通信に必要なすべての信号を利用できます。そのため、ユーザはCHAdeMO、ISO 15118、およびGB/T 20234.2などの規格に準拠して制御アルゴリズムやすべてのデバイス間のインターフェースをテストすることができます。

関連項目 成功事例