開発におけるシミュレーション

シミュレーションは、実際の事象を現実に即して表現するものです。たとえば車両開発プロセスでは、制御対象コンポーネントをシミュレートすることにより、ECUソフトウェアを非常に効率的に開発し妥当性を確認することができます。


シミュレーションの適用範囲は、エンジンなどのアセンブリから、バーチャルビークル全体、さらに車両やその他の交通利用者、交通インフラストラクチャなどにまで及び、環境を完全にシミュレートすることができます。


シミュレーションモデル(「プラントモデル」とも呼ばれ、略して「モデル」とも呼ばれます)は、制御対象のコンポーネントとして機能します。これらのモデルは、使用ケースに応じてさまざまなバーチャル環境を提供します。

ASMシミュレーションツールスイート

dSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)には、内燃エンジン、エレクトリックコンポーネント、ビークルダイナミクス、および交通環境の4つの領域で使用されるツールスイートが用意されています。すぐに使用できるシミュレーションモデルは、被制御デバイスの挙動を正確にシミュレートします。ASMはモデルベース設計に最適であり、MATLAB®/Simulink®のオープンなモデルとして実装されています。

製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き