For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

パデュー大学EcoMakers

パデュー大学EcoMakersチームでは、EcoCAR 2のために開発するパラレルスルーザロード方式のPHEV全体をdSPACE ASMを使用してモデリングし、制御システムの開発を行っています。

このチームでは、ビークルダイナミクス、ディーゼルエンジン、ドライブトレインコンポーネント、エネルギー貯蔵システムおよびモーターの制御開発にASMパラメータ化モデルを使用してきました。監視コントローラでは、駆動制御にステートマシンが使用され、複数の診断およびセーフティクリティカル機能も組み込まれています。

パデュー大学のパラレルスルーザロード方式アーキテクチャは、前輪を駆動するB20バイオディーゼルで稼動する1.7 Lディーゼルエンジンと、後輪を駆動する90-kW Magna E-Driveモーター/インバータを備えた、2つの独立したドライブトレインを特徴としています。
「ASMおよびModelDeskによって、私たちのチームが車両のモデリングにかける手間が大幅に削減されました」と、Haley Moore(パデュー大学EcoCAR 2プロジェクトマネージャー)は述べています。

その他の情報