PCおよびクラウドベースシミュレーション用のdSPACEソリューション

SIL(Software-in-the-Loop)テスト用のdSPACEソリューションを使用すると、バーチャルECUや自動運転アルゴリズムの開発に取り組んでいるかどうかを問わず、パワートレインやブレーキステムなどの従来の自動車アプリケーションから自動運転に対応したElectric Driveアプリケーションや機能に至るまで、テストや妥当性確認を仮想環境で行えるようになり、ソフトウェア開発プロセスを大幅に短縮することができます。dSPACEでは、完全なモジュール型で拡張性に優れた開発およびテストソリューションを提供しています。これを使用すれば、PC上でテスト対象デバイスを容易にシミュレートし、物理ベースモデルに接続し、クラウドでスケーラブルなテストを実行し、さらにはHIL(Hardware-in-the-Loop)システムでテストスクリプトを容易に再利用することができます。革新的で強力なdSPACEソリューションをぜひご活用ください。

dSPACE – Your partner in simulation and validation.

主な特長

  • ECUソフトウェアの早期の段階での検証や準備タスクのフロントローディングからシステム全体の総合的な妥当性確認に至るまで、さまざまな開発段階でのSILテストに対応した統合型かつエンドトゥエンドの開発およびテスト環境
  • あらゆるレベルで柔軟性の高いバーチャルECU(V-ECU):アルゴリズムモデル、マルチセンサアプリケーション、ベーシックソフトウェア(BSW)を含むV-ECUと含まないV-ECU、生成されたBSWまたはサードパーティ製BSWの有無を選択可能
  • 仮想バスシミュレーションを含むプラント/環境モデル、マルチセンサアプリケーション、およびV-ECU(AUTOSARおよび非AUTOSAR)に対応した主要なシミュレーションおよび統合プラットフォームを単一のソフトウェアシミュレータ(VEOS)で実現可能
  • SILおよびHIL間のシームレスな移行(たとえば、SIL/HILテストを相互に再利用)
  • 1台のPC、PCクラスタ、またはクラウドでSILベースのデータ・リプレイやテストを行えるスケーラブルなソリューション(シナリオベース、要件ベース、機能安全テスト、SOTIFテストなど)
  • 各種センサ(カメラ、LiDAR、レーダー)、トラフィック、車両、および環境向けの強力なシミュレーションモデル
  • 設定、試験、ビジュアル表示、データおよびテスト管理、およびテストオートメーション用の強力で使いやすいソフトウェアツール
  • 結果:効率性、生産性、および信頼性が向上し、技術革新が実現

バーチャルECU(V-ECU)は、シミュレーションを使って実際のECUをエミュレートするソフトウェアです。ソフトECUは単純化されたSimulink®/Stateflow®モデルのみ使用しますが、それとは異なり、V-ECUは実際の量産コードで構成されます。V-ECUはコードのみで構成されており、特別なハードウェアは一切必要ありません。SILシナリオでは、実際のECUやコントローラモデルの代わりにV-ECUを使用します。

V-ECUには、使用目的に応じて異なる抽象化レベルを設定することができます。

  • アプリケーションレベルでのV-ECUは、選択されたアプリケーションソフトウェア、オペレーティングシステム、RTE、および通常dSPACEが提供するベーシックソフトウェアの必要部分を含みます。
  • また、V-ECUにはアプリケーションソフトウェアと、Dem、NvM、COMなどの量産ベーシックソフトウェアの部品を含めることもできます。
  • マイクロコントローラアブストラクション層(MCAL)のモジュールを除く、完全なアプリケーションソフトウェアとハードウェアに依存しないベーシックソフトウェアでV-ECUを構成することができます。

V-ECUの生成

V-ECUの作成は、使用目的やプロジェクトのニーズ、AUTOSARベースの開発かどうかにより、さまざまな方法があります。

単一のコンポーネントのみを使用する機能およびソフトウェアの開発者は、SimulinkまたはTargetLinkで直接V-ECUを作成できます。作成されるのは、ECUソフトウェアのアプリケーション層の特定部分だけを含む単純なV-ECUです。これで、基本的な機能テストを実行できます。

より複雑な機能のネットワークをテストするソフトウェアインテグレータは、ソフトウェアのコンポーネント、機能、または、SystemDeskのさまざまなソースから取得した非AUTOSARコードを組み合わせて、ECUのソフトウェアアーキテクチャを作成できます。そして、SystemDesk V-ECU Generation Moduleを使用してV-ECU全体を作成できます。これには、アプリケーション層に加え、ランタイム環境(RTE)と必要に応じてベーシックソフトウェアが含まれます。V-ECUは、VEOSを使用したPCベースのシミュレーションで使用されます。

VEOSは、さまざまな自動車規格をサポートしているため、既存のツールチェーンに容易に統合できます。そのため、既存のツールを維持したまま、ラピッドコントロールプロトタイピングやHILツールチェーンにVEOSを追加してPCベースのXCP XIL APIシミュレーションを実行することができます。dSPACEのソフトウェアとハードウェアを使用することで、柔軟性の向上と投資の有効活用を図りながら新規のプロジェクトや新たな課題に取り組むことができます。

ASAM

2009年7月、ASAM(Association for Standardisation of Automation and Measuring Systems)は、AutomationDeskのようなテストオートメーションツールをVEOSやSCALEXIOなどのあらゆるシミュレーションプラットフォームに接続するためのインターフェースを定義する新たなXIL API規格をリリースしました。この規格によりプラットフォームに依存しないテスト開発が可能になります。

AUTOSAR

AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)は、車載電気/電子(E/E)アーキテクチャのオープンな業界標準です。dSPACEは、2004年4月にプレミアムメンバーとしてAUTOSARに加盟し、アーキテクチャの一部とその仕様の定義および開発に取り組んでいます。

FMI(Functional Mockup Interface)

FMI(Functional Mockup Interface)は、さまざまなツールベンダーが提供するモデルのやり取りや統合を行えるオープンな規格です。dSPACEは、Codex of PLM Opennessに署名しており、ProSTEP Smart Systems Engineeringプロジェクト、FMI規格の更なる発展を目的としたModelica Association FMIプロジェクト、System Structure and Parameterization of Components for Virtual System Design(SSP)のためのModelica Associationプロジェクトで積極的に活動しています。

  • SIL(Software-in-the-Loop)テスト 製品情報, PDF, 日本語, 867 KB
その他の情報 プレス リリース Documentation お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き