効率的な手法

開発および妥当性確認の一般的な工程

組込みソフトウェアおよびシステムの開発環境を効率化し、開発期間を短縮 – dSPACEでは、お客様が革新的な技術をより容易かつ迅速に開発できるようにするため、技術パートナーとしてモデルベース開発、高度に最適化されたワークフロー、および完全な統合開発および妥当性確認環境を提供しています。

システムアーキテクチャ

SystemDeskは、アプリケーションソフトウェア向けのAUTOSAR準拠のアーキテクチャやシステムをモデリングするためのシステムアーキテクチャツールであり、高度かつ広範囲なサポートを提供します。SystemDeskでは、アプリケーションソフトウェアからバーチャルECU(V-ECU)を生成することもできます。

ラピッドプロトタイピング

dSPACEプロトタイピングシステムは、ECUの制御アルゴリズムの設計を最適化できる柔軟な開発システムです。手作業によるプログラミングを必要とせず、ユーザの要件を満たすまで何回でも設計の修正を行うことができます。

量産ソフトウェアの開発とコード生成

TargetLinkおよびTargetLinkエコシステムを使用すると、強力なツールチェーンの構築を通じて、開発プロセス全体でAUTOSARを総合的にサポートできる極めて効率的なモデルベース開発を実現することができます。

AUTOSARテクノロジ

dSPACEは、AUTOSAR Adaptive PlatformおよびAUTOSAR Classic Platformに準拠したECUソフトウェアの開発をサポートしています。

テスト

dSPACEのスケーラブルかつ高度に自動化された各種ソリューションを使用すると、あらゆる分野のテストを効率的に行うことができます。dSPACEは、シミュレーションおよび妥当性確認におけるお客様のパートナーです。

dSPACEコンサルティング

お客様固有の開発およびテストプロセスまたはセーフティクリティカルな機能やシステムの認証を含む最適化されたワークフローの構築や導入を支援します。

お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き