For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:運転支援システムと自動運転機能の開発および検証

自動車業界は、事故のない自動運転の実現を原動力とした先進運転支援システム(ADAS)や自動運転(AD)機能の技術革新のポテンシャルを認識しています。ただし、システムがますます複雑化するのに対し、開発作業は管理が可能である必要があります。これを実現するには、完全に整合のとれたツールによりすべての開発ステップをスムーズに連携させることができる十分に調整されたツールチェーンが必要になります。dSPACEツールの助けを借りれば、自動運転機能を道路上へ安全に移すことができます。

認知、融合、およびアプリケーションのためのアルゴリズムの開発

一般的に、自動運転機能は、さまざまな処理ステージで構成されています。「認知」ステージでは、さまざまな環境センサから取得したデータを高性能プラットフォームで処理し、融合させる必要があります。また、GNSS位置に基づいた高精度のデジタルマップ上で車両をローカライズする必要があります。データは、動的および静的オブジェクトや車両の周囲の空きスペースに関する情報(オブジェクトリスト)とともに、3次元環境モデルを生成するために使用されます。マルチセンサアプリケーション向けのプロトタイピングツールであるRTMaps、およびMicroAutoBox Embedded PCとEmbedded SPUハードウェアプラットフォームは通常、関連するC++、OpenCVまたはCudaアルゴリズムを短い反復サイクルで開発する場合に使用します。オブジェクトリストの情報は、さまざまな経路や走行軌道を計画し、最終的に実際の縦方向と横方向の制御を通じて特定の操縦動作を決定するうえでの基礎となります。関連するアプリケーションアルゴリズムのプロトタイピングには、一般的にdSPACE MicroAutoBox IIが使用されます。MicroAutoBox IIは、リアルタイムでの処理の実行、機能的な安全性の確認、Simulink®とAUTOSARコードの統合などを行い、さらにはブレーキECUやステアリングECUとの連携などを行うための車両ネットワークへのインターフェースとして機能します。